スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsロケッツGAME3 20170422

ファーストラウンドゲーム3!
2連敗で崖っぷちの中、ホームに帰還でございます!


ここで勝たねば!
というか連勝せねば!
大事な大事な一戦です。

惨敗のゲーム1、逆転されて接戦落としたゲーム2。
オフェリバ取れてペイントでも得点できた分、ゲーム2は内容が良くなってます。
ただし、もっとインサイドで行けるって!
そしてオラディポさん復調を望む!
さらに、プレイオフって出場選手をレギュラーシーズンより絞るはずですが、なんかいっぱい出してくるサンダー。
ここにきて試してるのはなぜなの!?
前の試合の出場時間、
カンターは7.5分、サボニス2.5分、シングラー10.5分とか、レギュラーシーズンとは異なる起用法です。
効果出てないのがもどかしいんす。
選手起用も重要になります。
21-gibson-g-rockets-170421[2]
ドノバン、頼むよ!

この試合はサンダーナイト22の観戦試合となります!
いつもの通り、翌日&簡単更新になることをご了承下さい。
サンダーナイトの模様は別記事で掲載いたします。

担当はしゅうです。
観戦開始!!

気合のTシャツコントラスト。
すっかりサンダー名物です。
期待高まる!
C9-BNdgVoAAsnWo[1]

観戦開始!!

bunner_1Q

トヨタセンターと異なり、試合開始から満員総立ちのチェサピーク。
気合いが違うぜ!

ドキドキの出だし。
どうにか優位に試合を進めたい。

最初の得点はインサイドでタージ!
ロバーソンがアリーザに連続ブロック!
オラディポがスティールから速攻でダンク!
さらにスティールでラッセル→インサイドのロバソンレイアップ!
ボール回してドフリーのロバソンが正面から3P!
スティールからラッセル→オラディポ→タージのダンク!

攻守がかみ合う怒涛の展開!
なんと11-2と理想のスタートダッシュに成功します!


その後も早い攻めをみせ、ラッセルもジャンパーやレイアップで得点します!
その中でもタージがフリースローラインからのジャンパーやレイアップなど着々と点を重ねます。
そして、2回のオフェリバで粘った末のダンク!
ロバーソンも負けずに得点!
リバウンドを取ったハーデンのパスをカットしレイアップで得点するとか、攻めと守りの持ち味発揮!
しかし、バスカン含め3回のFTを全てミスするって負の持ち味も出しちゃってますわ。

ラッセル下がった終盤はコールが登場。
クリストンは選手登録されてておりません。
そんな中、そのコールが3Pをヒット!
攻撃面で貢献してくれるなら文句なし。

二桁点差で終わりたいところですが、アンダーソンが3P。
それでもアダムスがオフェリバからのレイアップを決めて1Q終了。
34-25。

64%のFGでTOは3-8.
ロケッツミスから11点を生み出してます!
ペイントの得点も22-12と圧倒。
申し分なし。非常に素晴らしい出だしとなりました!
ハーデンに5/5でFT決められているので、ここをファウルなしで防ぎたい!


bunner_2Q

セカンドの出だし。
カンターがクルクルとステップを踏んでレイアップをねじ込む!
コールも突っ込みで得点!
オラディポもロングジャンパーで続き、なんと40-25と15点のリードを奪います!

でもバスカンと3Pで返されるー。
すかさずアブリネスが3p!
シーセニョール!!!

ということで点の取り合いを互角に乗り切り、残り8:40でラッセル登場。
セカンドで得点を量産できたのは素晴らしいです。
45-34.

オラディポさんが見事な3Pをヒット!
復調を期待されていたオラディポさんですが、今日は効果的に高確率に決めております。
19-oladipo-g-rockets-170421[1]
待ってた!

ラッセル→カンターダンクも飛び出しますがロケッツも負けてない。
ウイリアムスが3Pをぶち込んできます。すでに16点。好調です。

ハーデンもファウルのもらい方が相変わらず悪魔的にうまい。
バスカンや3Pも決まりだし、非常に厄介。
こちらが少し足踏みしている間に点差は一桁になります。

それでもオフェリバから得点したり、タージが果敢にハーデンを守ったり、オラディポが2本目の3Pを決めたりと息を吹き返す!
一進一退の攻防が続きます。

終盤に入り、タージがベースライン際を攻めるもライン踏んでTO。
これに激高するタージ。
マッチアップしていたハーデンが押したと抗議してテクニカル。
落ち着け!

さらに速攻からのFT献上など残り30秒切って5点差に。
なんとかラッセルが突っ込みで一矢報い、65-58と7点差で前半終了です。

3PとFTがやっぱり厄介です。
それに特化したオフェンスをしているロケッツなんで当たり前と言えば当たり前なんですが。
やはり停滞すると一気の攻めで差を詰めてきます。
こちらもFTとか苦しい中でも点を決めていくことが大事。
リバウンドは絶対勝利でお願いします!
ラッセルは14点7リバ8アシスト。普通にトリプルダブルしますね、これは。


bunner_3Q

さ、スタメンでもう一度二桁点差を目指しましょう!
って思ったらいきなりアリーザのバスカンさく裂。
そしてハーデンに3Pのファウル。
シュートチェックのロバーソンの手を狙って来る。まじで上手い。守りづらい。
このFTをすべて1点差。
やばいから!踏ん張りどころだから!

しかしこちらのシュートは入らず、ハーデンが今度は正真正銘の3Pを決めてきやがります。
とうとう逆転。3Q出だしから0-9のランってスムーズにやられ過ぎー!

ここでオラディポがジャンパーで得点。
そうそう。こういうところでお仕事するのはオラディポのいいところ!
さらにタージもジャンパーで得点!
そして、ラッセルがパスをもらって3Pライン確認して打つと見せかけて突っ込んでタージにアシスト!
連続得点で押し返す!

ラッセルもFTをゲットし、ミドルのジャンパーを決める!
8-0のラン!極端だな!


その後は一進一退。
6分切って78-71.
ちょっと均衡が崩れればすぐにでも再逆転を許しそうな雰囲気。

そんな中、ロバーソンが3Pをヒット!
このシリーズで攻守の活躍が目覚ましい。
そして、相手のレイアップミスから速い攻めでアブリネスが3P!!!
16-abrines-g-rockets-170421[1]
シー!シー!シー!セニョール!!
これは大きいぞ!
86-76と10点差復帰!

すぐにゴードンが3P返してくるんです。
この辺が本当にしぶとい。
ラッセルがジャンパー決めてくれば、ハーデンは突っ込みからバスカン。

そのハーデンからロバソンが見事スティールを決めるもすぐさまファウルで止められる。
このFTを決められないロバソン。本日0/5のFT。
ここだけ改善されればとんでもない選手になるのに!

次の攻撃では、ウイリアムスにタフ3Pを決められたかと思いきや、ギリギリ24秒バイオレーション。
逆にマクダーモットが3Pをぶち込む!
偉い!持ち味出してる!
93-83と10点差で3Q終了です。

FGが59%-49%。
TOも7-13と優勢ですがFTは9/15対21/27.
アテンプトで倍近く違います。
ハーデンがやはりダントツでFTをもらっておりミスしていません。
もっと点差が離れてもおかしくない中で、FTでつないできます。本当に厄介です。
攻撃ついては高確率ですし、失速しないで押し切ってもらいたい。
あと12分。
踏ん張れー!!!



bunner_4Q

ちょっと心配なセカンド。
うまく時間をつぶしてほしいところでしたが、得点を決められず差を詰められます。
2分で0-7とあっという間の3点差に。
きっつい!ドキドキかつヒリヒリ。

しかしマクダーモットの3Pが決まる!
助かる!
3分経過でラッセルイン。
98-92.

ラッセルがジャンパーを決め、カンターがFTをゲット!
再び10点まで押し戻します!
このまま何事もなくいきたい!


しばらく互角の展開で10点差を維持していましたが、残り5分でハーデンの3Pがさく裂!
さらにToから失点して5点差に。
ああああ。まじで頼むよ!

しかし、さらにアンダーソンのレイアップがきまりまたも一気に3点差と緊急事態。
連続失点はダメだー!!!!
残り3:30.

何とかしたい!
けどできない!

点が決まらない中、ハーデンから24秒バイオレーションを引き出すなど守備では良いプレイが出ます。
後は得点を!プリーズ!!


ここでようやくグラントがドライブからレイアップを決めてくれる!
良く突っ込んだ!よく入れてくれた!
久しぶりの得点!
残り2:25、108-103.

次のロケッツの攻撃はハーデンの3Pが外れますが、オフェリバ取られてそこからハーデンのダンクを許します。
リバウンドは死守だってのに!ちっくしょうめ!
残り2分、108-105.

次の攻撃でラッセルがミドルジャンパーをヒット!
偉し!デカし!
残り:43、110-105.早く時間が過ぎろ!

でもね、ここでハーデンに3Pファウル…。
マッチアップのオラディポをスクリーンの選手とハーデンで挟むようにして、
上手いことオラディポの腕を絡めてシュートに行き、ファウルをもらってる。
汚ねぇ!でも上手いってことなんだよね。

個人的にこのタイプのファウルはシュートファウルから外すべきじゃないかなとは思います。
KDのマッチアップの腕をグリンと巻き込むファウルもシュートファウルでなくなったし。

まぁ今はそんなことはいい!
このFTをすべて決められ、2点差!
もうヤバイ。この崖っぷち感、まじでヒリヒリ。緊張感MAX。

次の攻撃でかなり強引に突っ込んだラッセルがFTをもらいます!
形は気にしてらんねぇ。点が必要だ!
しかし、1/2と1本外し!
3点差で残り1分…!


ここで攻め倒しのハーデンが3Pを放ち、決まってしまう…。
とうとう同点になっちまいましたよ。
まずいずいまずい。


この厳しい流れの中、打つのは当然ラッセル。
3Pはやめてと念じていましたが、選択したのは3P。
これが入らない。
落胆しかけたところで、リバウンドをゲットしたのはアダムス!
3人に囲まれながらリバウンドを取りそのままリングに流し込む!!!
ビッグプレイ過ぎるわ!!!

この前のラッセルFTの時にタージと交代で入ってきたアダムス。
絶好調タージのが良くない?って思いましたが、ここで見事に起用に応えました!
残り34秒、113-111.

そのままタイムアウトを取らずに攻めるハーデンですが、ロバソンの足を踏んで転倒。
ここでタイムアウト。
仕切り直しのプレイでロバソンに守られつつ3Pを放つハーデン。
しかしこれはミス!
リバウンドはラッセル!!
着地したとたん一気にトップスピードで攻め上がり、ロケッツにファウルをさせず時間を潰します。
ようやくビバリーがファウルした時は残り時間9.5秒に。
そしてビバリーは6ファウルで退場!!

よし、2本決めて2ポゼッションゲームになる!
しかし!1本目を外すラッセル!おい!
2本目は決めます。

さらにハーデンがボールを持ったところですぐにファウルに行くラッセル。
ん?これは3P打たせず2本決めさせてこっちもファウルゲームで時間をつぶすって作戦?
それにしても、まだ相手陣地にいるところでファウルに行かなくてもいいんじゃないか?
もっと時間つかわせられたでしょ。
残り8.8秒でハーデンは2本とも決めて114-113.

こちらはマクダーモットのスローイン。
ラッセルに渡ってすぐにファウル。0.4秒しか進まない。
このFTを今度は2本とも決め…   
ない!

2本目を外して2点差。
ここを決めないとハーデンにファウルした作戦が失敗ってことだぞ!!
逆転まであるじゃないか!

リバウンドからそのまま攻めてくるロケッツ。
ハーデンがボールを運び、そのまま3P。
これが!外れる!外れる!
なんとかボールを押さえタイムアップ!


ハーデン3Pの軌道を追っている間のドキドキったらなかったわー!

最終スコア115-113.
あまりにも心臓に負担がかかる薄氷の勝利!
サンダーナイト参加者も終盤は悲鳴と歓声の入り混じる応援となりました。
しかし、この1勝はサンダーにとって大きな大きな勝利です!!!!


スタッツはこのようになっております!
20170422ロケッツゲーム3スタッツ
FG55.4%-45.8%と10%近いアドバンテージのままでした。
TOだって11-16だし。
オフェリバは9-11と少し負けましたが、一番はやはりFT。
14/23対27/33で他のスタッツを無力化されてしまいました。
これは本当に厄介。しかも一番FTをゲットするハーデンは18/18でした。
突っ込みの阻止でFT与えるのはある程度仕方ありません。
ハーデンの独特のステップは止め辛いですし。
しかし、FT目的のトラップ、特に3Pでのファウルを複数与えるのは致命的です。
ここは気を付けないと、55%なんてFGは毎回できませんから。

個人成績

0 ラッセル・ウエストブルック 
 32得点 13リバウンド 11アシスト 0ブロック 3スティール 5TO
17-westbrook-g-rockets-170421[1]
本文で触れる機会がございませんでしたが、見事TD達成です。
劣勢の時間帯が冷静さを欠いていたところもありましたが、パスの意識を持ちつつ試合を引っ張りました。
エースの仕事を果たしたと思います。

12 スティーブン・アダムス
 4得点 6リバウンド 2アシスト 1ブロック 
得点は4点のみですが、オフェリバをねじ込む貴重な得点!
2アシストもポストから3Pにつなげるアシストです。
役割に徹した活躍だと思います!

21 アンドレ・ロバーソン
 12得点 6リバウンド 4アシスト 2ブロック 3スティール 0TO
本日も二けた得点に神守備で勝利に貢献!
FTの0/5が改善されれば君に言うことはない。
プレイオフの舞台で素晴らしい活躍です!

5 ヴィクター・オラディポ
 12得点 6リバウンド 2アシスト 2スティール 0TO
FG5/8で復活!3Pの2/3も大きかった!
もっと本数を打っていかなければいけない展開があると思います。
その意味で、今日の復活は非常に意味がある!

8 アレックス・アブリネス
 8得点 3リバウンド 1アシスト 
3P2/5。複数の3pは期待通りの活躍ですね。
この長距離砲は絶対に必要。この調子でお願いします!

11  エネス・カンター
 10得点 2リバウンド 1ブロック 
10.5分で10点と効率的。
守備の問題もあり出場時間が限られてますが、二けた得点は立派。
ロケッツの攻撃力に対抗するには彼の存在は大きい!

22 タージ・ギブソン
 20得点 2リバウンド 1アシスト 5TO
2-gibson-g-rockets-170421[2]
FG10/13と大活躍!
まさに求めていたゴール下での得点を取りまくってくれました。
ミドルジャンパーもポンポン入れてくれて本当に助かった!
サンダー加入以来の最高得点!
素晴らしい!

9 グラント君
 6得点 1リバウンド 2アシスト 
終盤のドリビングレイアップは値千金。
目立たないかと思うと、突然素晴らしいプレイをしてくれる男です。
どんどん結果を出していってくれ!

22 ダグ・マクダーモット
 6得点 1リバウンド 1ブロック 
3P2/4でアブリネスとともに結果を出しました。
短い時間の中、きっちり3Pを決めてくれる活躍は本当に大事。
調子このままよろしくね。
以上!


ということで反省はあれど、ゲーム1の大敗、ゲーム2の接戦逆転負けから、今日はなんとか勝利まできました。
内容はだんだん良くなってます!
次をとってタイにしましょう!
ホームの力を借りて追いつくのだ!!


まずは1勝!いけるぞ!GO!! THUNDER!!!


ランキングに参加しています
お気に召しましたらクリックで応援よろしくおねがいします

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

なにわともあれ勝利!!

Upお疲れ様です(^ ^)

いやぁ! 大勝利でしたね! シーズン2連敗からの貴重な勝利おめでとうございます!!!
そして私事ですが、今回はサンダーナイト初参加させて頂きました! 今回の勝利はヒヤヒヤもんでしたが、観戦する分にはサイコーに盛り上がりましたね(^ ^) ホンマすっげー楽しかったです! 遠方から参加させて頂いたカイがありました!!!

しかし10点差残り5分なんてリードのうちに入らない、と改めてサンダーというチームの凄さを認識しましたよ… マジでワザとやってるんじゃないの? とか思わされちゃいます…

しかし、勝利は勝利! このままもう1つは絶対勝ちつつ、1回戦は勝ちぬけましょう! 普通にチーム力では優ってます! (と思います…)

てゆーかあと6時間後には第2戦なんですね! 出社前にリアルタイムで見て応援します!

心臓に悪い?

サンダーナイトでこれだけの試合を見せられれば皆様どんな感じだったか目に浮かぶようです。まさに日本のチェサピークだったのでしょうね。

今こうしてコメしている最中に第4戦が行われています、出だしは好調のようですがさてシリーズタイにできるでしょうか?

試合観戦しながら

サンダーナイト、すげ〜盛り上がったのではないでしょうか?まぁ、心臓に悪すぎですが、だこらこそ勝利決まった時にはガッツポーズも一際でかかったのではないかと想像してます(笑)

僕も、今、試合観戦はじめながらコメント書いてます。

この試合、クリストンがユニフォームきてなかったので、終わりやと思っちゃいました。事実、最後、ほんと危なかった。
僕のイメージでは第4Qは、もちっとラスを休めたかった印象でした。しかし、点差はあっという間に……

最後、ラスがフリースローをあんなに外すのは珍しいと思いますが、筋肉に乳酸たまってしまったら、アドレナリンなんぼ出てても身体動かないし。
怪我の可能性も上がるから、なんとかセカンドユニット含めて、分散させて欲しいです。
たのむよ、ビリー。色々試していくのは、良いところやと思う。結果に結びつきますように(笑)

ユースケさんへ

コメントありがとうございます!!
そしてサンダーナイトにご参加頂き、感謝感激です!!


10点差残り5分はぜーんぜんセーフティじゃございません。
一生懸命やってるのに接戦になるんです。
それがサンダーなんです。

ドキドキしましたが結果が大事!
プレイオフの1勝をもぎ取ることができました。

勢いつくことを期待しましょう!

mitsさんへ

コメントありがとうございます!!

サンダーナイトの悲鳴と歓声をお聞かせしたい!
現地より熱入ってます。
チェサピーク超えてるんじゃないかと思います。

とにかく1勝!
ここから反撃!!

ミツさんへ

コメントありがとうございます!!

もう勝利したあとは、「良かったー!あんぶなかったぁぁ!」と抱き合いました!
本当に大きな勝利でした!

クリストンではなくコールを選手登録しましたね。
だったらもっとレギュラーシーズンで使っておいて欲しかったです。
コールは中国リーグ帰りですんで、チームシステムとNBAに慣れる実戦経験が足りてない気がします。

ラッセルは頭では疲れないと決めていますが、やっぱりそんな訳にはね…。
ただ、休むような展開は限りなく可能性が低い!
もう、頑張ってもらうしかございません!

プロフィール

しゅうとあみ

Author:しゅうとあみ
2009-2010からNBA League Passでオクラホマシティ サンダーを観戦・応援しています。英語は微妙ですが、全試合かかさず観戦しています。そんなしゅうとあみによる、サンダー愛剥き出しの観戦日記です。
ブログに関するご意見、お問い合わせは
okcthunder.blog.japan@gmail.com
までお気軽にどうぞ!

このブログについて
オクラホマシティサンダー応援ブログにようこそ! 主にサンダーの試合について記録しています。 当ブログはリンクフリーです。また、バスケットボール関係の相互リンク大歓迎ですので、お気軽にコメントにその旨ご記入ください。 その他、ご意見・ご感想いただけたら励みになります。
最新記事
最新コメント
訪問人数
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
観戦会について
定期的に観戦会(サンダーナイト)を開催しております。 どちらさまもお気軽にご参加下さい。
【過去の観戦会】
13.4.28サンダーナイト1
13.5.12サンダーナイト2
13.11.2サンダーナイト3
13.11.30チャットでサンダーナイト
14.1.26サンダーナイト4
14.3.1サンダーナイト5
14.4.27サンダーナイト6
14.5.10サンダーナイト7
14.6.1サンダーナイト8
14.11.2サンダーナイト9
15.1.17サンダーナイト10
15.3.21サンダーナイト11
15.10.31サンダーナイト12
16.1.16サンダーナイト13
16.2.28サンダーナイト14
16.3.27サンダーナイト15
16.4.24サンダーナイト16
16.5.3サンダーナイト17
16.5.29サンダーナイト18
16.10.29サンダーナイト19
17.1.8サンダーナイト20
17.3.19サンダーナイト21
17.4.22サンダーナイト22
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
バスケットボールランキング
ポチッとご協力お願いします♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。