スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsペリカンズ 2018.2.3

ナゲッツ戦のsarina姫に続き、今回執筆してくださるのはあのkduさん!
管理人あみとしゅうはkduさんのブログ「NBA Thunderer Dancer」を見て育ってきていますからその管理人様にわたしたちのブログに寄稿していただくなんてのは夢のような話でした。
今回お忙しい中kduさんが観戦日記を書いてくださると聞いたときは二人して大喜びいたしました。
皆様、元祖サンダーブログ(日本で一番早くサンダーファンを名乗りブログを立ち上げたのは多分kduさん)が今宵復活いたします!
ぜひご堪能ください!!!




こんにちは。
kduと申します。
Sarina姫に続き、第二弾という事でこちら執筆させていただきました。
遡ること5年前。
実は僕もサンダーの観戦記を毎試合毎に書いていました。
なので、初めてではないのですが、ブランクがあるという状態。
どうぞ優しい目で見て下さいね!

サンダーは現在30勝22敗でウェスト5位につけています。
1つ上には1.5ゲーム差でウルブズが、1つ下には0.5ゲーム差でブレイザーズがいます。
そして更に1つ下ウェスト7位に本日対戦するペリカンズが2ゲーム差でいるわけです。
ウェストの特にこの中間層はかなり混戦状態。

1回の勝ち負けで順位の変動する渦中に立たされているサンダー。
8連勝と波に乗っていたところでしたが、突如としてスタートで出場していたロバーソンが怪我によりシーズンエンドに。
するとそこから2連敗と大ブレーキ。
今回は前回のナゲッツ戦に続きホームには戻りますが連戦です。

一方、対戦相手のペリカンズもオールスタービッグマンであるカズンズを怪我で失っておりウェストの混戦状態の中やや不利な中で戦っています。
案の定カズンズ欠場後勝ち星がなく、先日その穴埋めの意味も込めてブルズからスチレッチ4のミロティッチを獲得したばかり。
幸い今回のサンダー戦の出場はありませんでしたが、今後順位を詰めてきそうなチームであります。


それでは試合開始。




bunner_1Q

サンダーのスタートはロバーソンの代わりにファーガソンの入った以下の通り。
PG ラッセル・ウェストブルック
SG テレンス・ファーガソン
SF ポール・ジョージ
PF カーメロ・アンソニー
C スティーブン・アダムス

ペリカンズのスタート
PG レジョン・ロンド
SG ジュリュー・ホリデー
SF イートワン・モーア
PF ダンテ・カニンガム
C アンソニー・デイビス


アダムスとデイビスのジャンプボールにより、ペリカンズのオフェンスからスタート。
サンダーの初得点はラスのアシストからアダムスのゴール下。
中でもラスが好調で、エンドワン、速攻からの高速ダンク、そしてアダムスのダンクのお膳立てとノリにのります。
ベンチから出てきたアブリネスが3P、メロも続けて3Pこの時点でサンダーは27-16と11点差をつけたのでした。

残り2分、セカンドユニットに変わります。
その後アブリネスが早くも2本目の3Pヒット。
流れはサンダーのまま32-22とリードして1Q終了です。


bunner_2Q

レイモンド・フェルトン
アレックス・アブリネス
ジョシュ・ヒュースティス
ジェラミ・グラント
パトリック・パターソン

サンダーはジェラミのダンク、フェルトンのフローター、2度目のジェラミのダンクと出だし好調。
40-24の16点差までひらきます。

その後やや追い付かれるもサンダーは二桁のリードを維持し続けました。
その間アダムスにラスに豪快なダンクが飛び出しております。
しかし残り3分頃に差し掛かるとサンダーの得点が止まってしまい逆にペリカンズの得点がジリジリと伸びてきます。
気づけば前半58-54のたった4点リードで終了。
前半だけで18得点を許してしまったデイビスがこの原因なのは言うまでもありません。



bunner_3Q

スタートメンバーに戻り後半戦。
ラスがイージーレイアップを沈め始まったものの、デイビスもするするっと簡単に得点を取ってきます。
2Q残り3分くらいからの流れを変えることは出来ず、メロのテクニカルを皮切りにサンダーはいっきに逆転されてしまいます。
3Pにダンクに物凄く簡単に得点を取られてしまうのですが、その中心にいたのはロンドでした。
なんとロンドはこのクォーターで8アシストを記録。
デイビスがやたら得点しているイメージでしたが、蓋を開けてみるとロンドにディフェンスを崩されてから軽々とアリウープパスを出されていたわけです。
そんなわけで急転直下追われる側から追う側になったサンダー。
83-90の7点ビハインドで終了です。

bunner_4Q

メンバーは2Qの頭と同じです。
サンダーは早々にアブリネスが3Pを沈めます。
しかし、返しのオフェンスですかさずペリカンズも3P。
そして続けて止まらぬデイビスにイージーレイアップを許し、開始1分半と経たぬうちにサンダーはタイムアウト。
流れを止めようとしてなのか、完全に後手に回ってしまっている状態です。
点差はあっという間に10点。

8分半ラスがコートに戻ります。
しかし、その直後フェルトンにテクニカルがコールされ、流れは変わらず。
その後、デイビスに得点を許しながらもようやく流れが変わるようなアダムスのエンドワン、ジョージの3P等がありました。
それでも詰められたのはラスのタフ3Pが決まっての7点差。
直後デイビスに3Pを許し、ダメ押しでもう一本3Pを沈められてしまいました。
このプレーがとどめとなり、試合終了です。

●100-114

これでサンダーは3連敗。
ロバーソン欠場後1勝3敗と非常に苦しいチーム状況になっています。
敗因を
「ロバーソンがいないから」
と言ってしまえばそれまでですが、それ以外にもたくさんの改善点が見つかった試合でした。

ロンド、デイビスのコンビを全く止められなかった点
実はサンダー、今シーズンのペリカンズ戦が2回目であり前回もデイビスとロンドを止められてなかったのです。
当時デイビスは36得点15リバウンド、本日の試合は43得点10リバウンド。
当時のロンド8アシスト、本日の試合は13アシスト。
これは偶然ではなく必然の問題で、簡単な話サンダーここの2人を止められていないからです。
実際アダムスもペイントエリア内の1on1であれば何とか対応できるものの、アリウープパスやペインエリアよりも外に側に引きずり出されると途端に対応力が弱くなってしまいます。
また、ペリカンズが上手いのはサンダーがセカンドユニットをコートに投入している時にデイビスをコートに立たせ、パターソンやジェラミ相手にマッチアップを仕掛けてきました。
当然そんなことされたら身長差もそうですが、能力差だけでやられてしまうのが日の目を見るよりも明らか。

また、ロンドですがこれはもう天性の才能と言う他ないかもしれません。
確かにラスはディフェンスを怠ることがあります。
しかし、それは試合中ずっとではなく、ロンドはディフェンダーのそういった一瞬をついて針の穴を通すようなパスを出してくるのです。
比較的フェルトンが対応できていたので、対ペリカンズ線に関してはマッチアップを変更するのがよさそうです。

まあ根本をお話しすると、ローテーションの問題でしょう。
デイビスのアウトサイドのシュートを機会を少なくなる方法を考えなければなりません。
アダムスにかなり負担が増えてしまっているので、いっそインサイドでは対抗できるダカリ・ジョンソンとかを投入してもいいかもしれません。
ドノバンさん頼みます。


入らなすぎるその3Pをどうにかする
本日サンダーの3P試投は9-36、確率にして25%。
ちなみにペリカンズは13-24、54%。
まあペリカンズの確率が良すぎるのは分かりますし、サンダーが平均よりも低いのも分かります。
しかし、試投数はその日の確率や感覚によって変わるもの。
前の試合絶好調だったジョージが2-9なのはなんとなく分かります。
ではラスの1-7やパターソンの0-4は果たしてどうなのでしょうか?
3Pを放つことがオフェンスではなく、機会損失になってしまっている状況に近づいてしまっていました。
もとよりサンダーは3Pが決してうまいチームではないので、点差を縮める場面や逆転の場面で3Pを選択すること自体がナンセンスなのだと思います。
連勝している時のラスの3Pの試投は少ないですしね。


SG問題
これは結構深刻です。
ロバーソンの抜けた穴には現状19歳のルーキーファーガソンが入っていますが、とてもチームとして機能していません。
経験を積むことは大事ですが、その域をどうしても超えてしまっているようにここ3試合を観て感じています。
改めてアブリネス、ヒュースティスを試してみる。
いっそラスとのダブルPGとしてフェルトンを投入する。
ダニエル・ハミルトンを試してみる。
FAで誰かしら連れてくる。
テコ入れが必須です。


個人成績

ラッセル・ウェストブルック
16得点10リバウンド14アシスト9ターンオーバーを記録
デイビスがインサイドにいる影響なのかペイントエリアよりも外のシュートが多くなっていました。
上述した通り無理矢理な3Pが多くなってしまっており、また無謀なパスも多くやや乱れ気味の試合でした。
シーズン16回目のトリプルダブルを記録するも、素直に喜べない結果に。


スティーブン・アダムス
23得点12リバウンド2ブロックを記録。
デイビス相手に大健闘でした。
やはりビッグマン主体のチーム相手には彼の力が今後も必須になってくることでしょう。
シーズン19回目のダブルダブル。
本日も7オフェンシブリバウンドを記録しており、オフェンシブリバウンドの総数はリーグでも1位となっています。


ポール・ジョージ
15得点4リバウンド3アシスト2スティールを記録。
43得点を記録した昨晩から一転、FG4-16とチームの得点にブレーキをかけてしまいました。
ただこればかりは選手も人間ですし、波はあると思いますので仕方なかったと思うしかないです。
3Pコンテストに選ばれえたみたいなので、本線ではこの不調を出さないようにしてほしいところです。


カーメロ・アンソニー
13得点9リバウンドを記録。
彼もまたシグネイチャームーブにまでなっているミドルジャンパーがことごとく決まらず苦戦していました。
FG6-17は周りに比べると良く見える数値ですが、確率は35.3%ですからね。
謎のテクニカルを取られたりゴール下のシュートを1回で決められなかったり等、散々な試合だったと思います。


アレックス・アブリネス
14得点を記録。
2試合連続ベンチから2桁得点と好調を維持しています。
またロバーソン欠場後一番良い影響を受けているのが彼で、なんとロバーソン欠場後の3P成功率は41.1%とチームトップ。
以前ロバーソンの代わりにSGに入って散々でしたが、次回から再度スタートとして出場しても良いかもしれません。


ジェラミ・グラント
12得点12リバウンドを記録。
周りの選手がバカスカ3Pを放つ中1人リングにアタックし得点をしていました。
当然中にはまぐれはラッキーシュートもあったかもしれませんが、デイビスがインサイドにいるときにこれをできる勇気を称えたいです。
ディフェンスでもう少し踏ん張りを聞かせられるようにすれば、化けるのも時間の問題かと。


レイモンド・フェルトン
5得点4アシストを記録。
ベンチからの出場で安定のゲームメイクとタフショットを沈めてくれました。
しかし、この試合に関してはやや物足りないかなと感じるところ。
ターンオーバー0回は素晴らしいです。


テレンス・ファーガソン
2得点を記録。
ロバーソン欠場後4試合全てでスタートに入っていますが、放ったシュートは3本のみ。
1試合平均1本にも満たないのはさすがにどうかと思います。
積極性よりも周りの選手に気を遣いまくっているようにしか見えません。
まだ19歳と伸びしろ充分ですが、再度ベンチスタートからセカンドユニットで起用した方が伸びるように思えます。


パターソンとヒュースティスは割愛で。


本日幸いにもブレイザーズも敗戦したため順位に変動はありませんでしたが、いまだサンダーの順位はすぐに変動しまう可能性があります。
8連勝のあと3連敗と中々上り調子にはなりませんが、なんとかホームコートアドバンテーージがもらえる4位までは上がって欲しいところです。
次の試合は1日あけてレイカーズをホームに迎えて対戦です。
連敗脱出を期待しています。





GO!! THUNDER!!!


ランキングに参加しています
お気に召しましたらクリックで応援よろしくおねがいします

人気ブログランキングへ

☆☆☆☆☆☆☆  観戦会「サンダーナイト25」のお知らせ  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2018年3月4日(日)
試合/サンダーvsトレイルブレイザーズ
時間 / 11:50~15:30 (11:30から受付を開始しています。可能であれば早めににお越しください)
場所 / 東京都新宿区歌舞伎町2-37-5日新ビル2F 乾杯(ホットペッパーのサイトにリンク貼っています)
参加費 / 3500円 (大学生3300円、高校生以下2500円、小学生以下1000円)  飲み放題、軽食付きです。
申し込みはこちらのフォームからお願いします→https://form.os7.biz/f/938af804/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメント

非公開コメント

ありがとぉぉ!

ゲスト執筆ありがとうございました!
あのthunder dancer管理人がこのブログに観戦記を書くなんて!
我々の大先輩で元祖サンダーブログですからね。

冷静な分析は変わらず鋭いっす。
懐かしいなー、さすがだなーと思いながら読みました
それにしてもせっかく書いてもらった試合がこのだらしなさ。
ロバーソン不在でこういう試合増えるかなって思ってましたが厳しいですね。

トレード含めちょっと今後がどうなるか注目です。
改めて本当にありがとうございました!

辛いです…

kduさんこんにちは。
ゲスト執筆大変ありがとうございました(^^)

kduさんはあみさんしゅうさんの師匠みたいなお方なんですね!
今回記事拝読させて頂き、イチファンからヘッドコーチの視点まで交えて丁寧に分析されているなぁ、と感心させて頂きました。

しかしながら… 試合は本当に残念でしたね… 土曜日だったんで僕もリアルタイム観戦してましたが、終始本当に辛い試合でした。全然リズムを掴んでいない感じでした。

8連勝の後3連敗ですか… その理由は言わずもがなですけど、本当に辛いです。
kduさんも色々と案出ししてもらってますが、冗談抜きで何とかしてもらいたいです。
そして、ラスなら何とかしてくれるって思ってます。

辛いご執筆だったでしょうけどお疲れ様でした(^^)

すげぇ

サンダーファンなら誰もが知る、シュウアミさんとkduさんのコラボとか!すげぇ!そして、なんか嬉しい!!

流石のkduさん。キーとなったプレーをクローズアップして短くまとめて、その後、自分の分析をもってくるスタイルで。分析力も流石ですね。

ちょっとファーガソン君では荷が重くなりすぎてると感じますね。フレッシュマンな感じで活躍した時と違い、今は、ロバソン不在という、かなりのプレッシャーの中で、しかもスターターでってなると。
アブちゃんも、フュースティスも。ステップアップといってもなかなかですよね。

まぁ、すでに何らかの手はうってあるような気もしますけど…

なんにせよ、どうにか切り抜けるしかない!!
GO サンダー!!

勉強になります!

kdu様、このたびは本当にありがとうございました。
ブランクを感じさせない記事でしたよー。
要点を押さえまとまった観戦日記、そして個人的見解をきっちり述べた総括。もちろん各種情報も掲載。
ロバーソン欠場後のアブネリスの3P成功率なんてどこで調べるわけ。

すごいのは執筆のスピードですよー。
今から見ますーって言ってから送ってくるまで早かったですよね。
私だったらアブネリスの成功率調べるので1時間はかかりますよ!

それにしてもあのダンサーさんがわたくしどものブログで書いてくださるなんて本当に感激です。
せっかくの機会だったのにこの試合内容は残念。
またプレーオフの時にでも熱の入ったkduさんの観戦日記を拝見したいものです!今後ともよろしくお願いします!!

kduさんすごい

お疲れ様です。
kduさんのブログ、分析がすごい。
読んでいて勉強になります!

SG問題厳しいですね。個人的にはファーガソンでもヒュースティスでも、アブリネスでも変わらないと考えています。
サンダーに必要なのはディフェンスの司令塔。エースをマークし、ヘルプや他の選手への指示、あるいは相手の速攻に対して素早く戻り攻撃の芽を摘み取る。
それが出来ればSG以外でも構わない、これはあくまで個人的な意見です。

しゅうさん

返信遅くなってしまいごめんなさい。
結構あげてもらってありがたいんですが、改め見ると結構固い内容になってしまってますね。
せっかくの試合でしたが、案の定ロバーソン不在が響きました。
いなくなって初めて分かる存在感です。
トレードでは結局動かず。
FA戦線に期待です。

ユースケさん

返信遅くなってごめんなさい。

師匠だなんてとんでもない!
ただいち早くサンダーに関するブログを立ち上げただけなので笑

試合内容本当に残念です。
試合前までは余裕で勝てると高をくくっていたのですが、完全に打ちのめされてしまいました。
ウェストの中層が混戦を極めているので、ラスへの負担は増えてしまうかもしれませんが、まずは4位目指して頑張って欲しいです。

ミツさん

返信が遅くなってしまいごめんなさい。

お褒めの言葉ありがとうございます!
久しぶりすぎて少し固くなってしまいましたが、無事終えられてよかったです。

ファーガソンはロバーソン欠場後の活躍を見て、先発よりもベンチスタートの方が効率的に活躍すると確信しました。
アブリネスもヒュースティスも横並びなので、これ良い機会だと思って誰か成長してくれることを期待します。

あみさん

返信が遅くなってしまいごめんなさい。

ブランク感じませんでしたか!
それが一番気になってたところだったので良かったです!
普段から数値だったり成績関係は人一倍調べてるんで、それが役立ったようですね。
久しぶりに2画面(観戦用と執筆用)で観戦したのですが、早かったのはそのおかげだと思います。

プレイオフもタイミングが合えば書いてみたいですね~

まーしーさん

返信が遅くなってしまいごめんなさい。

こんな僕の文章がお役に立てて良かったです!
ディフェンスの司令塔の存在は大いに賛成です。
現在のFA戦線だとトニーアレン一択になってしまいますが、元々ロバーソンがその役割を担っていたので至急補強して欲しいところです。
補強できた場合、チームがぐっと引き締まると僕も思います!
プロフィール

しゅうとあみ

Author:しゅうとあみ
2009-2010からNBA League Passでオクラホマシティ サンダーを観戦・応援しています。英語は微妙ですが、全試合かかさず観戦しています。そんなしゅうとあみによる、サンダー愛剥き出しの観戦日記です。
ブログに関するご意見、お問い合わせは
okcthunder.blog.japan@gmail.com
までお気軽にどうぞ!

このブログについて
オクラホマシティサンダー応援ブログにようこそ! 主にサンダーの試合について記録しています。 当ブログはリンクフリーです。また、バスケットボール関係の相互リンク大歓迎ですので、お気軽にコメントにその旨ご記入ください。 その他、ご意見・ご感想いただけたら励みになります。
最新記事
最新コメント
訪問人数
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
観戦会について
定期的に観戦会(サンダーナイト)を開催しております。 どちらさまもお気軽にご参加下さい。
【過去の観戦会】
13.4.28サンダーナイト1
13.5.12サンダーナイト2
13.11.2サンダーナイト3
13.11.30チャットでサンダーナイト
14.1.26サンダーナイト4
14.3.1サンダーナイト5
14.4.27サンダーナイト6
14.5.10サンダーナイト7
14.6.1サンダーナイト8
14.11.2サンダーナイト9
15.1.17サンダーナイト10
15.3.21サンダーナイト11
15.10.31サンダーナイト12
16.1.16サンダーナイト13
16.2.28サンダーナイト14
16.3.27サンダーナイト15
16.4.24サンダーナイト16
16.5.3サンダーナイト17
16.5.29サンダーナイト18
16.10.29サンダーナイト19
17.1.8サンダーナイト20
17.3.19サンダーナイト21
17.4.22サンダーナイト22
17.10.22サンダーナイト23
17.12.2サンダーナイト24
18.3.4サンダーナイト25
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
バスケットボールランキング
ポチッとご協力お願いします♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。