VSスパーズ Game1 2014.5.20

本日よりカンファレンスファイナルシリーズの開幕です!!

対戦相手はスパーズ!
ブレイザーズをあっさり4-1で倒して勝ち上がってきました。
相変わらずの強さを継続しております。

対するサンダーも2年ぶりのCF!
前回の対戦では、べらぼうに強かったスパーズを2連敗からの4連勝で倒しております!
今レギュラーシーズンでもスイープしており、相性的には悪くないはず。

唯一の心配はイバカの離脱!
唯一って言っても、これが相当でっかい心配ごとでございます!
スタメンは誰になるのか?
どういうローテーションで選手を起用するのか?
みんな戸惑わずにできんのか?
秘密兵器ハシームザドリームの出撃はあるのか?
ふたを開けてみなければわかりません。

ホームコートアドバンテージがなく、このシリーズはアウェイからスタート!
さあ、どうなるのか!
注目の初戦!
観戦開始!

担当はしゅうです。



bunner_1Q
注目のスタメンはコリソン先輩!

出だしはエースが攻め込みます。
KDがFTにバスカンゲットで得点をします。
しかしスパーズはベテランダンカンが好調。
インサイドで巧みなシュートを決めてきます。

コリソン、セフォに積極的にパスを回しますがシュートが入りません。
ラッセルも速攻のレイアップをミスるなど得点が停滞し、7分で9-18とリードを許します。

サンダーの反撃はもちろんKD。
3Pにジャンパーでさくっと得点し、バトラーもようやくジャンパーをヒット!
途中、アダムス、KDにフィッシャー、バトラー、レジーとお得意のスモールラインナップを組みます。
フィッシャーが、なんだかすごいひげが濃くなってました!
終わり際に見事3Pを決め、どうにか27-30と3点差で1Q終了です。

よく3点差で済んだなと。
KDはFG3/3で10得点と期待通りの活躍。
ラッセルは4得点でした。
KD、ラッセルのパスを他の選手が決めきれないと厳しいですね。
とは言え、コリソンに3Pを打たせてもそりゃ高確率とはいきません。
セフォも思い切りが悪く、3Pのフェイントでミドルレンジでジャンパーを打ちますが入りませんし、バトラーもなかなか調子が上がりません。

スパーズはインサイドをダンカン中心に攻めてきて高確率のオフェンスを展開。
油断すると3Pもズバッときます。
ダンカンはがっちり押さえて欲しいところ。
パークゴール下得点20140520
パークの得点!珍しい角度だったもので載せちゃいます。

bunner_2Q
Qはいきなりダンカンのバスカン始まり。きつー(>_<)
しかしKDがお返しバスカン!!
そのKDは開始1分でラムと交代!
おお!ラムがローテーションに!

ラム、フィッシャー、バトラー、アダムス、レジーとプレイオフでの完全控えは初かも?
この時間帯はフィッシャーがようやくプレイオフスイッチオンで3Pを2本決めます!
しかし、相手もグリーンが連続3Pなど好調なオフェンスを止めることができません。

その後、ラムをラッセルと替え、3ガードにします。
ラッセルに期待がかかりますが、なかなかうまく得点できず、少々イラつき気味に。
6分過ぎて再びKDを投入。なんとアダムスと交代。
KD、バトラー、レジー、ラッセル、フィッシャー。
ちっちぇ。
しかし、スパーズはインサイドに突っ込んで来て、このメンバーじゃ止められない!
TOもからみ、残り3分で15点差に。

KDの意地の3Pや途中で入ったパークがオフェンスリバウンドからバスカンレイアップを決めるなど踏ん張りを見せ、最後はレジーの連続得点でまたもどうにか一桁点差で前半終了です。

59-67.
67点はさすがに取られ過ぎです。
FG%は48%対62%。
うちも悪くないですが、6割決められたら追いつけません。
ペイント内の得点が18対40.
ダンカンが非常に好調でしたが、ガード陣も中に切れ込んできます。
スモールラインナップで突っ込みを止められないと非常に厳しいっす。

bunner_3Q
グリーンの3P始まりー(>_<)
コリソンはダンカンの頭が顔にぶつかり、口の中を切ったみたい。
コリソン先輩の流血沙汰が最近多いよー。

グリーン3Pからはお互い得点が止まります。
ダンカンにはパークがつき、かなりフィジカルにおしくら饅頭状態。
連続で守りきるガッツを見せてくれました!
こういうのずっとやってればダンカン疲れるし、そうはイージーに得点できないはず!

その間にラッセルが3PにジャンパーにFTとようやく本領発揮!
4点差まで詰め寄るも、すぐさまジノビリが3P。ここまであんま目立たなかったのに…。

それでもコリソンがボールに飛び込みスティールしKDが3P!
ラッセルもつっこみでFTをもらい、残り6分弱で74-75の1点差に!!

そしてそして!
ラッセルのジャンパーで逆転!!!
この後コリソンがヒザすりむいて包帯巻かれてましたが、コリソンの血液足りんのか?

さあこっから一気に行きたいところ!
でしたがダンカンのバスカンやら、サンダーの3連続TOやらと失速します。
ジノビリさんも変態ステップでレイアップを決めてくるなど、終わってみれば82-89と7点差になっておりました。

3Qの中盤は守備も攻撃もよかったと思います。
特にパークはダンカンへの守りが素晴らしかった。
そこから逆転へとつなげることができました。
KD25点、ラッセル19点と二枚看板はなかなか調子いいです。
その他のところではフィッシャーが唯一の二けた得点。
みんな頑張ってこう!


bunner_4Q
さあ追いつきたい4Q!
ですがKDが4つ目のファウルを吹かれ、「なんでだよ!」と悔しさ爆発リアクションでテクニカル吹かれます。
さらにTOも犯し、明らかにイラついている模様。
好調のシュートも落ち、その間に13点差に。

KDは3Pを決めますが、スパーズはレイアップ&レイアップ。
サンダーはフラストレーションで集中力の欠けるプレイも見られ、二けた点差は詰まりません。
結局そのあとはノリノリスパーズの前にいいところがありません。
ジノビリの2本の3Pなどもあり、残り2分ちょっとで21点差となり白旗あげました。

最終スコア105-122
完敗です。



本日のハイライトはコチラ

スタッツはこのようになっております!
stats20140520

イバカ離脱後の初試合ということで、負けはある程度覚悟していたところがあります(負け惜しみじゃないですよー(-.-)
イバカ不在でどうしていくかいろいろ試して、反撃していく糸口を見つけられればいいと思ってました。

とりあえず簡単に得点させ過ぎ!
もともとボールを回してノーマークを作っていくスパーズバスケですが、今日はFGも3Pも50%超えです。
ペイント内の得点は結局62点にも上りました。
ビッグマンのポストアップとガードの突っ込みでガンガンインサイドを攻められてるのにスモールラインナップじゃきつい!
コリソン15.5分、アダムス17分、パーク23分のみの出場でした。
そしてイバカの代わりはラムを5分ほど出しただけで、あとはガード陣が出場という感じです。

私、まったく戦術は語れませんが、アダムス&コリソンとかクリッパーズのGame7で手応えあったと思うんですよ。
スモールでスピード重視でいくんでしょうかね。
守備をどうにかしないとやばいです。
今日を参考に修正をお願いします!!


KD、ラッセルが好調なのは救いです!
ラッセルレイアップ20140520
ずびーん!
KDシュート20140520
えいや!

TOは相変わらずですけどね。
しかし、KDは長時間の出場で4Qは明らかにガス欠でした。
レナードの守備も難敵です。
フィッシャーが16得点してますが、バトラー、セフォあたりもなんとかシュートを決めて欲しい!
そろそろベテラン力発揮してください!
サビートは出ませんでしたね(*_*)

ということで、今日のところはもう完全に負け!
スパーズ強い!




次、行ってみよー!GO!! THUNDER!!!


ランキングに参加しています
お気に召しましたらクリックで応援よろしくおねがいします



人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

ペイント内ショック

しゅうさん、今晩は。
『守備をどうにかしないとやばいです』
おしゃる通りです。
LACとのGame1はスリー爆発でしたから同じ敗戦でもそんな心配要りませんでした。
今回のSASとのGame1は同じ敗戦でもかなり深刻です。
ディフェンスで手を打たないと同じように繰り返しやられます。
ペイント内を制圧されるということはFG%が落ちないといことです。

身体能力ある選手が幾つかの約束事のもと、動き続けるモーション系の
オフェンスがSASの特徴です。ポストマンもよく動いて面取りに入る前に
スクリーンやボール回しのつなぎに入ります。
バスケの基本形であるパス&ランやギブ&ゴーが繰り返されて
マッチアップにズレやノーマークが生じて簡単な1対1勝負に持ち込まれるということです。
前半はダンカンのポストアップやつなぎからの1対1にやられて、2Qと後半は随所で
カットインやドリブルぺネトレイトでペイント内を攻め込まれレイアップ系の最もFG%高いショット
決められました。

しゅうさんおっしゃるようにいろいろなラインアップ起用して有効な打開策探しましたが
どのラインアップもうまく機能しませんでした。
つまりどのラインアップもSASのオフェンス守れてないということです。
リバウンドもやや劣勢でTOが少し多め、FG%劣れば負けるのは必然です。
どんなラインアップでも体張ってDEFの足よく動かしてカットイン系にはボディバンプ、
スクリーン系にはファイトオバーとスルー徹底してミスマッチ作らない、
ドライブには素早いカバーとDEFローテーション早く激しく回すしかないと思います。
鬼のようなスクリーンアウトしてReb確実に多くゲットする。
ありきたりですがディフェンス頑張り続けてタフショット打たせるということです。
SASは各ポジションで交代要員豊富になりました。その中でも若手レオナルドとグリーンを
のせたくないです。パーカーとダンカンにはそれなりにやられても。
1Qと4Qは特によくやられた印象あります。3Qのような戦いを前半出来れば十分目は出てくると思います。
レジーはこの流れに付いていける感じです。話題のアダムスがディフェンスでもっともっと貢献してもらいたい。
古株コリソンとパーク頑張ってください。OKC勝つためにあなたたち2人の力は絶対必要なんです。

「守備の意識、DEFの頑張り」これがどれだけ修正できるか。Game2アウェイで1勝を!
GO!! THUNDER!! GO!! THUNDER!! GO!! THUNDER!!

フィッシャーの髭はハーデンを連想させスパーズに2年前のトラウマを蘇らせるために他ならないでしょう。
メンタルアドバンテージです‼

完敗!次頑張ろう!

完全にペイント内を支配されましたね。単純なパークとダンカンの1対1なら守れるんですがそう簡単なオフェンスはしてくれないのがスパーズ。
ピック&ロールで巧みにミスマッチを作り、そこを突いてきます。そしてどこからでも点を取ってくる。
それにしてもレナードの成長っぷりには目を見張ります。余程ヒートへのリベンジに燃えているのでしょう。

だけどここでMVPのKDが引き下がるわけにはいきませんよ!
リベンジに燃えるのはサンダーも同じ事!ファイナルへの切符は絶対に渡せませんよね!!
明日のゲーム、何としてもアウェイで1勝もぎ取りたい!

kduさんの言う通り、フィッシャーのヒゲはハーデンの幻覚を見せて精神的優位に立つためですね。左利きだし(笑)

おっさんNBAファン さんへ

コメントありがとうございます!

おっさんNBAファンの目から見てもやっぱりヤバい状況なんですね(>_<) 
前半は内容の割に点差が離れず、3Qの展開でもしや!?と思ったんですが、逆転してからはスパーズの本気モードにやられてしまいました。

本当にスパーズは人もボールも良く動きますね。
レナード、グリーンもずいぶんいい活躍でした。
それについていくためのスモールだったんでしょうが、上手くいきませんでした。

アダムス、コリソン、パークでインサイドはしっかり守りたいところです。
レジーは今季、対戦チーム別の平均でスパーズ戦がもっとも得点しているようなので、彼の爆発にも期待したいです。
KD,ラッセルのパスを得点につなげることも大事!

初戦でかなりコテンパンにやられましたが、オフェンスは悪くないので、どうにか100点前後の勝負に持ち込みたい!

必死にディフェンスで動き回ってもらいましょう!
まだまだこれからです!
Go!Thunder!!

kdu さんへ

コメントありがとうございます!

フィッシャーの数段濃くなったヒゲにはそんな意図があったなんて!
彼くらいのベテランになると体毛も勝負に勝つための道具にしてしまう訳ですね。
さすがです。

とりあえずヒゲ効果か、ようやく3Pが決まりだしてますので、この調子でハーデンばりの活躍を期待しましょう!

Matsunaga さんへ

コメントありがとうございます!

分かってたことなんですが、スパーズ上手い。そして強い。

スモールラインナップで張り付こうとしてもあれだけ動かれてパス回されたらきつい!
レナードは攻守ともに相当いいですね。
KD抑えつつあれだけ攻めてきますから。

とはいえ、おっしゃる通りMVPが黙ってるわけにはまいりません!
ラッセルも悔しさをエネルギーとして蓄えてる最中でしょう。
スパーズを相手にしたときのサンダーは、相手につられてか素晴らしいプレイをすることが結構あります。
ここは強敵相手に進化してもっと強くなっちゃえばいいんです!

そしてフィッシャーはやはりハーデン効果を演出しているんですね。
恐るべしフィッシャー!
ただ頭髪は似ても似つかないのでどれだけ相手をかく乱できるか、少々心配です。
より効果を上げるため、カツラが必要ですがNBAのルール的には大丈夫でしょうか!?
プロフィール

しゅうとあみ

Author:しゅうとあみ
2009-2010からNBA League Passでオクラホマシティ サンダーを観戦・応援しています。英語は微妙ですが、全試合かかさず観戦しています。そんなしゅうとあみによる、サンダー愛剥き出しの観戦日記です。
ブログに関するご意見、お問い合わせは
okcthunder.blog.japan@gmail.com
までお気軽にどうぞ!

このブログについて
オクラホマシティサンダー応援ブログにようこそ! 主にサンダーの試合について記録しています。 当ブログはリンクフリーです。また、バスケットボール関係の相互リンク大歓迎ですので、お気軽にコメントにその旨ご記入ください。 その他、ご意見・ご感想いただけたら励みになります。
最新記事
最新コメント
訪問人数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
観戦会について
定期的に観戦会(サンダーナイト)を開催しております。 どちらさまもお気軽にご参加下さい。
【過去の観戦会】
13.4.28サンダーナイト1
13.5.12サンダーナイト2
13.11.2サンダーナイト3
13.11.30チャットでサンダーナイト
14.1.26サンダーナイト4
14.3.1サンダーナイト5
14.4.27サンダーナイト6
14.5.10サンダーナイト7
14.6.1サンダーナイト8
14.11.2サンダーナイト9
15.1.17サンダーナイト10
15.3.21サンダーナイト11
15.10.31サンダーナイト12
16.1.16サンダーナイト13
16.2.28サンダーナイト14
16.3.27サンダーナイト15
16.4.24サンダーナイト16
16.5.3サンダーナイト17
16.5.29サンダーナイト18
16.10.29サンダーナイト19
17.1.8サンダーナイト20
17.3.19サンダーナイト21
17.4.22サンダーナイト22
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
バスケットボールランキング
ポチッとご協力お願いします♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR