スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vsウォリアーズ 2016.2.28

おはようございます。出勤前のあみです。
昨夜は終電ギリギリまでサンダーナイトファミリーと飲んだくれ、若干二日酔いです(汗)
昨日のサンダーナイト14の感想日記は今夜帰ってからアップしようと思っています。
TN14にご参加の皆様、ありがとうございました!いつも楽しい時間をありがとうございます!!

さて、観戦日記の方ですが、日頃からお世話になっております「NBA博士」こと「tk」さんがこの度執筆をしてくださいました!!!
わかる人にはわかると思いますがこれってすごいですよ。
ぜひぜひお楽しみください。

tkさま。
お忙しい中執筆してくださり、誠にありがとうございます。
夜遅くまで頑張ってくれて感謝です。
正直あの試合を見返すのは辛いと思っていたので書いてくださるとうかがった時には心底ホッとしました。
内容拝見しましたがさすがtkさん!読みやすいし面白いです!!
それにOKC目線で書いてくださりありがとうございました。「まさかウォリアーズ目線で書いてきたりしないよね…」と若干心配してました(笑)
今度お礼させてね。





今回TN14に参加出来ず少しでも管理人さんの助けになれば!と思い初の投稿をさせてもらいます。私事ですがNBAを見始めてから特定のチームを応援した事が無く、常に両立の目線を意識して見続けてきました。

ただ今回はOKCファンとしてこのGSWvsOKCを見てみます。ちなみに両者のここまでの成績は…

GSW 52勝5敗

OKC 41勝18敗

現在ぶっちぎりの成績で首位を驀進するGSWは仮にこの試合に勝つとPO進出が決定、既にとんでもない成績を残しています。果たしてこの勢いを止める事は出来るのでしょうか?。それではリアルタイムで観戦済みですが再度記事を書きながら、という流れで行きましょう。
bunner_1Q

このGSWvsOKCはESPN・ABCでの放送、つまり全米放送です、それだけ注目度は高いという訳です。ここは何としてでも勝ちたい所でしょう。

まず1Q開始からOKCの出だしは好調、ウェストブルック・KD更にはロバーソンと立て続けにシュートを決めていきます。

そしてウェストブルックはいつものアダムスとの2メンゲームを展開、意図的にボールを回してるなぁという印象でした。

 ヒゲwww

アダムスはオフェンスだけでなくインサイドの守りも良くこの時間帯OKCの流れを作る1人でした。数字以上の貢献度です。

その後は両者細々と得点を重ねる感じ、特筆すべき点は特にありませんがやはり既出の通り1Qはアダムスが◎でした。まずはOKC10点リードで1Q終了です。


bunner_2Q


ベンチメンバー主体の面子で開始、ただ問題は正当なPGが不在という点…新加入のフォイはコンボガード系だしウェイターズも同様。結果的にKDがボールを運ぶという形になってしまいます。これが約4分続き無駄なターンオーバーや微妙なオフェンスが継続してしまいました。

更に悪い流れは継続、ウェストブルックが出てきても連続ターンオーバーにオフェンスファールと良い流れは作れません。ただラッキーな事にGSW側もおつきあい?してくれて点差は6~10点のままでした。

しかーし!その後カリーが登場するとこの流れは一変、3本連続の3Ptを決められて1点差にまで詰め寄られてしまいます。「流石」というか何と言うか…

 この前の3試合の成績、今日は??

ただその後KD&ウェストブルックの2人の個人技でやり返すOKC側、最終的に再度2ケタ差に。前半を46対57と11点差で終えました。こ…これは勝てる?!。


 
~前半総括~

上のスタッツはどれもGSWを上回り素晴らしい成績でした。唯一ターンオーバーが多く、(これはOKCの永遠の課題ですが)もうちょい減らしてくれないと…ディフェンスも及第点ですがインサイドの守り以外は正直イマイチなシーンが多かったです。

それを象徴するシーンはいくつかあり、P&Rからスイッチ後何故かKD、アダムス、イバカ等がカリーと1対1をしている。その結果は言わずもがな。

 


NBAに限らずバスケットの世界では「相手のミスマッチを突く」というのが大前提です。カリーのP&Rに翻弄されいとも簡単に3を決められてしまうこのOKCのディフェンスは要改善!シーズンを通して被3Pt%の悪さを象徴する場面が多かったのは後半改善できるでしょうか?。


bunner_3Q

後半開始からGSW側が連続得点を重ねます、しかしここでアクシデントがっ!。カリーがスティールから速攻でレイアップを狙いに行った際に左足首を捻ってしまいます。その後ロッカールームに下がってしまいました。これはOKC側にとって千載一遇のチャンスです!。
(ただフルメンバーでの戦いにしっかり勝つ、勿論カリーのケガを望んでるという意味はありませんのでご理解を)

カリー不在後のGSWはトンプソンを中心にオフェンスを展開、この時間帯を上手くしのいでる印象です。しっかりパスを回してスペイツなんかが得点に絡んでくるあたりはOKCと間逆だなぁと。そして残り5分あたりにカリーは戻ってきました。とりあえず重症ではなくいちNBAファンとしては安心。

戻ってきたカリーが早速2本の3に加えFTも決めついに残り2分あたりに75対75の同点、前半の2ケタ点差は無くなってしまいました。そして残り1分22秒、カリーの3が決まりついに逆転。これはマズい展開になってきました。どうすんだよこれ…

しかししかーし!残り1分を切ってからKDの2連続3がヒット!!3Q終了は78対83の5点差でした。

 この2本は大きかった、30点目


bunner_4Q


運命の4Q開始、両者共にパス・シュートミスを繰り返します。カンター&KDの活躍で2ケタ点差に。ただ4QKDのファールは気付けば4つ目というのが不安です(その後にどんな影響があったかはお察し下さい)。

その後少しづつGSW側のディフェンスが固くなってきます、象徴的だったのが残り6分、ウェストブルックのフェイダウェイがトンプソンにブロック→アダムスのレイアップもグリーンにブロックというガッチガチな守りをされてしまったOKC。かろうして点差を維持してる印象でした。

残り3分、カリーの本日8本目の3が決まり4点差に。じわじわと詰め寄るGSW。アリーナも若干異様な雰囲気になってきました。

ついに残り1分を切りOKC4点リード、カリーのドライブはトラベリングの判定でOKCボール!これは大きい!。

OKC側はウェストブルック→KDのアリウープ気味のパスはシュートミス。逆にカリーは速攻から左ウィングのトンプソンにパスし3をヒット。1点差!。

OKC最後のワンプレーになりそうな次のオフェンス、1点リード、パスを回しシュートを打つのはKD!、残り14.5秒…4点差となる3Ptをヒット!!!、ほぼ試合は決まった感があります。

 やったー!!!


・残り14.5秒
・4点差

この条件を踏まえればよっぽどの事が無い限り負け・同点はありません、最悪ファール貰ってFTを決めれば良いだけです。そしてGSWの“最後のオフェンス”は…トンプソンのレイアップのはずでした。

無理にファールをせず得点を許し、再度OKC側はFTを打たせるKDにボールを持たせます。しかしダブルチームされたKDは焦ったのか?パス相手を探してしまいました。

投げやりなパスはトンプソンが弾いて結果ステイールに、そして空いていたのはイグダラ。パスを貰ったイグダラの判断はフェイクでした。

 この絶妙な時間帯でのフェイク一発!

釣られてしまったKDはなんとシュートファールを与えてしまいまさかのFTという結果に。そしてこの場面で決してFT%が良いとは言えないイグダラは冷静に2本決めてしまいました。流石ベテラン…流石ファイナルMVPといった所でしょうか…

まさかの同点となり残り0.7秒、KDが無理なシュートを放つも流石にこれは入らずまさかのOT突入となりました。有り得ないわぁ。


~OT~

両者今季OTは3試合負け無しというデータがテロップに流れティップオフ、ウェストブルック&イバカと得点を決め良い流れから始まります。OTは短時間なだけにこれは良い!。

しかし…カリーとマッチアップしたKDがファール!、そしてこのファールが6つ目となりここでファールアウトとなってしまいました。ここでKD離脱は痛い!。

オフェンスのオプションを失ってしまったOKC、かたやGSWはカリーの10本目!となる3Pt(しかもシーズン286本目、自らの記録を再度更新)。

その後はもうOKCvsカリーと言わんばかりのオフェンス対決、OKCはイバカ&ロバーソンは良かったもののそれだけでは敵わない。

そしてカリーは前半指摘したOKCのP&Rからのスイッチのマズさを突いた攻撃、何故か対シングラーというシーンが何度もありました。

118対118となった残り僅か、ウェストブルックの強引なドライブは外れGSWボールに。ゆっくりとボールを運んだカリーがかなり遠い距離から放った3は…本日12本目!となる3Ptでした(ちなみに1試合12本の3Pt成功はNBA記録タイ)。

 めっちゃ遠いんですけど、なんと38フィート!

残り0.6秒で3点差、ウェストブルックが3を打つも外れ、この大事な一戦は121対118でOKCの負けでした。しかもこのやられ方はかなり大きなダメージとなったのではないでしょうか。


~後半・OT総括~

前半の課題を引き続き継続させてしまった感が半端無かったです。相手がカリーとはいえもうちょいやり方があるんじゃないのか?と思わんばかりの3Ptへの甘さ。そしてミスも後々響いてきました。これが弱小・下位相手なら問題無かったのでしょうがそうは行きませんし。

1つだけ言わせてもらうなら、何故4Q最後、KDがボールを持ってファールゲームにする場面でタイムアウトを取らなかったのか?。あそこでしっかりセッティングするだけでも結果は変わってたかもしれませんし。正しく結果論ですがあそこだけはドノバンHCの判断ミスだった様に見えました。


個人成績は割愛させて下さい、もうスタッツどうこうよりも1つのプレーのインパクトが凄過ぎてそれどころじゃありませんwいやはや結果的にOKC側としては残念でしたがNBAの1試合という枠組みではとんでもない内容だった事は事実です。


~おまけ~

ここにGSW賞賛のネタを投下するのもアレなんですが、この試合を見たNBA選手達の反応がありましたので少しだけ載せてみましょう。

レブロン
「カリーを止める必要があるね、凄いヤツだよ、歴史上こんなヤツ見た事がない」

カイル・ラウリー
「ヤバいわ、誰もが今カリーの事について語ってるじゃん、アメイジングだ!」

デマー・デロザン&ゴラン・ドラギッチ
「人間じゃない」

マジック・ジョンソン
「このレベルを4・5年維持すれば彼は史上最高の選手になれるチャンスがある」

ノビツキー
「2試合連続10本の3Ptを成功させたって?ゲームじゃないんだから」


なんとも耳の痛くなる様な発言ばかりではないでしょうか…いやはやOKC側はなんとしてでも止めないと!。

そのチャンスはすぐにやってきます、現地3月3日には敵地で再度GSW戦があります。ここでリベンジしないとOKCの最大の目標であるNBA優勝の可能性は一気に下がってしまいますし。この敗戦を期に再度大きな声援を送りましょう。

(まだ書ききれない事はいくつかありますがここらへんで、コメントには出来る限り対応させてもらいます)



ランキングに参加しています
お気に召しましたらクリックで応援よろしくおねがいします

人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

お疲れ様でした!

私は残念ながら過去にTKさんのブログを読んだ事がありません。
なので今回こうしてサンダーの試合を分析して書いて下さった記事が読めるというのでとても楽しみにしていました!
読んでみて正直もっと専門的で難い感じのものを想像していたのですが
私のような素人にもとてもわかりやすく書いて下さりありがとうございました。
私は切り替えが早くはないのでこの試合をあくまでも1/82とはなかなか割り切れずにいたのですがTKさんの記事を読んで気持ちの切り替えが出来そうです!
それにしても好調のKDがまさかあの場面であんなミスを…
KDはやはりあたたかい人間だったということですね〜
人間で良かった(笑)。

tkさま

記事を執筆頂き、誠に!
誠にありがとうございます!!

急な無茶ぶりな執筆依頼に、こんな詳しくわかりやすい記事を書いてしまう博士の実力たるや!
まじで素晴らしいです!


私、長年サンダーを応援しておりますが、レギュラーシーズンの敗戦でここまでショックを受けたのは正直初めてです。
カリーというNBAの歴史を振り返っても異質な選手が、現NBAの頂点に君臨しているという現実を見せつけられたような試合でございました。
最後の3Pと言い、試合中のありえない位置からの3Pの数々は、ストレス障害になりそうなほどの破壊力で、たびたび脳裏にフラッシュバックしやがります。

とはいえ、アンストッパブルなカリー相手に残り数秒まで勝っていたのは事実!
KDもラッセルも十分対抗できてました。
やはり4QラストのKDのTOからイグドラへのシュートファウルが痛恨過ぎました。
タイムアウトが残っていたとは観戦中には気づきませんでした。
うー、さらに悔しさが増す!


tkさんがおっしゃる通り、守備面での課題、ミスの多さ、そして終わり際の甘さ。
悔しいですがこれが実力でしょう。

しかし、だったらまだ伸びしろがある!と超ポジティブに行ったろうかと!
カラ元気の開き直りですが、昨日の敗戦がチーム全体に危機感を植え付けてくれたはず!
ここからプレイオフに向けて死ぬ気でレベルアップして頑張ってもらいたい!

応援するのみ!
GO!THUNDER!!



TKさん、ありがとうございます。

お疲れ様です。
会話ではポイントや解説を聞き、話した事はありましたが、今回初めてTKさんの文章となった解説を読む事が出来ました。

きっと文章にすると専門用語など難しいのかな??
と、思っていたのですが、どっこい私の様な初心者にも試合のポイントなど分かりやすく、尚且つ楽しく読む事が出来ました。

今回のGSW戦、苦戦するだろうな…と予想していたのですがOKCはスタートから好調で10ポイントリードをキープしていました。
「おおおっ!!やってくれるな!」と、応援にも力が入っていたのに、最後の最後、本当に最後の最後4Qの残り14秒。。。
勝ったと思いましたよ。ガッツポーズをしましたよ。最高のTN14だと思いましたよ…。
しかし、あの場面…正直何だか全然理解出来ませんでした。。。
えっ??何?ええっっ??…。。

もう考えるの止めよう…。
と、思いましたが、TKさんの観戦リポートを読んからもう一度あの場面を見直しました。
まあ、色々な理由があるでしょう…。
まあ、レギュラーシーズンの1試合ですよ…。
まあ、時にはミス?もしますよ…。
まあ、今のカリーはおかし過ぎですから…。

これからは少しでもTKさんの話を理解出来る様になりたいですね。
また、解説よろしくお願いします〜。
楽しみにしています。
ありがとうございました。


ありがとうございましたm(__)m

TKさん、執筆お疲れさまでした。

昨日の私は、もう何がなんだかよく分からない状況だったので、
冷静なTKさんの解説を読んで、そうだったのか~と、改めて
なんで負けちゃったのかが、よ~く理解できました。

サンダーの番記者さんの記事も読んできましたが、TKさん同様、
4Qのラスト、ドノバンさんは何故タイムアウトを取らなかったのか?
と指摘してました。

それと、OTにKDがファウルアウトになった後、何故シングラーだったのか?
アダムスだって、カンターだって、モローさんだっているのに・・・
まあ、shoulda、coulda、woulda、今更うだうだ言っても仕方ないんだけど、
ドノバンさんの采配に、ちょっと怒りの矛先を向けたくなってしまってます^^;

でも、明日からタフなロード4戦が控えてます。
いつまでも引きずっていられない!
気持ちを切り替えて、ここ数試合の悔しさをバネにして
しっかりディフェンスも頑張って戦っていって欲しいものです。

tkさんお疲れ様です。

執筆お疲れ様です。

試合のポイントが分かりやすく丁寧でこれぞ博士!
というクオリティーに感動しています。
いつもホントに勉強になります。


総括のガチな解説、まるでテレビの中継を見ているようです。

ということでガチな質問です。
前半総括でP&Rからスイッチした後、
カリーのマークマンがKDやアダムスとなった事で
平面のミスマッチを作られたことが3Pを決められている原因だと話されていますよね。

僕がバスケを習ったときに先生から教わった
スクリーンに対するディフェンス側の対処法は大きく分けて3種類。
①ファイトオーバー②スライド③スイッチ

③のスイッチが問題だとしたらカリーをディフェンスする際、
tkさん的にはどう守るのが正解だと考えていらっしゃるでしょうか。
①~③で分けましたがそれ以外の正解でもあれば。

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m

No title

ブログお疲れさまでした、読み返して観戦会では気付かぬ細かい部分がよく分りました、ありがとうございます。

しかし、ただでさえ疲労が抜けにくい年齢だっていうのに、この展開。。。打ちのめされました。。。

いや、これでも、だてに年を重ねているわけではございません、負けを目の前にした場合の自分の心のダメージ回避の予防線をね、そりゃシミュレーションして臨んだ試合だったわけです。

なのに、なのに・・・・最後ダーラのファールに気付かず勝ちを確信してハイタッチしちゃってからの・・・アレですから

これは、相当メガトン級ダメージ直撃でしたね。
OTもKD抜きで表裏一体の展開でしたから 逆に勝ってれば その数倍の喜びだったんでしょうけどね

それでも、3p記録を食らう中、大敗でなく競れたし、何よりプレイオフでのミスではないので、修正して、必ず取り返してくれることでしょう。

選ばれしNBA選手たちが思わずつぶやいてしまうほど、カリーはもう完全にスーパープレイヤーでしょう!!
だからこそ、倒しがいがあるってものです!!





お疲れ様!

今回はTN参加出来ませんでしたので、
家でこじんまりと試合観てました。
スタートはスタートは良かったのにな~。
ファールが無ければ勝ってたのにな~。残念!
強豪GSWだし疲れてたのかな~。Thunderらしいな~。
OTの最後のシュート、あれを決めちゃうカリーもすごいな~。
でも、あの強豪との試合でOTに持ち込んだのは凄い!
よく頑張ったよね!
TKさんのブログはさすがだな~。
NBA博士だもんね~。
おまけがあるとは思わなかった~。
ブログ書くのお疲れ様でした!
Thunderもお疲れということで、皆さんお疲れ様でした!

えみさんへ

いえいえ自分は過去も今も特に難しい事は書いておらず、皆さん同様の1NBAファンです。なので難しい事と言われても・・・ただ出来る限り分かりやすい様にというのは意識しています。時折画像を貼り付けてるのは、その1シーンをしっかり確認・思い出し易い様にする為の演出?なんですよ。ま、過去の事は無かった事にしといて下さいw

おっしゃる通り1/82というのは事実です、既にロードの連戦も始まり次への切り替えをしないといけません。選手同様我々ファンも気持ちを切り替えていきましょ!。

しかし「暖かい人間KD」のあのシーンは色んな思いが巡りますよねぇ、ホントにたらればになってしまうんですが。その辺はYukikoさんのコメントに載せますのでご確認下さい。なんでファールの判定だったかなぁー(しつこい)。

しゅうさんへ

本当はTN14参加して皆さんと盛り上がりたかったんですが、その想い叶わず…午前中リアルタイム観戦しててこの結果、そりゃ心中察しましたよ。

そこからのひろさんのリクエスト、こりゃ時間を割いてでもやらねば!と思い直談判させてもらった次第です。この試合を再度見直してって…そりゃしんどいですもん。ただ内容はお伝えしてる通りこんなモンしか書けません、しゅうさんは読んだ事あると思いますが以前も1試合を通しての感想その他ってのはほとんど専門外で、小ネタをメインにやってましたから、ね!。

似た様な一例ですと10年PO、対LAL第6戦のガソルの逆転ティップインが記憶にあります。そう思うとこのGSW戦がレギュラーシーズンでよかったかな?と。おっとこれはあみさんの嫌な思い出だったか(失礼)。

カリーは…ねぇ、凄いの一言ですよ。3Ptというジャンルをここまで極めてその時代のトレンドにしてしまう位のインパクトを残していますし。実はわたくしカリーがここまで伸びるとは思っておらず、むしろNBA入りしてからの3シーズンまで批判的に見てました。
「ただシュートが上手いだけのコンボガード」
「結局試合には勝てない」
「ディフェンスも特筆すべきものがない」
「ケガが多い」
などなど、結果自らの見る目の無さにがっかりしてる次第でありますw

もう金曜にはGSW戦再度ある訳ですから。一部報道ではカリーが足首の影響あり?みたいなのがありました(明日のATL戦欠場の可能性も)。もしかしたらOKC戦も大事をとるかも。しかーし!ここはリベンジをしなければ意味が無いのでしっかりとカリーには出てきてもらって再度挑戦!。Stay Positiveですよ!。

ひろさんへ

「解説」と言われると恥ずかしいー、自分のいつものは解説ではなくただの無駄話程度じゃないですかー。ただ文章化すると顔が見えず見栄えが良くなるだけですよw

えみさんへの返信の通り皆さんと一緒の1NBAファンですから、ただちょっとだけ長く見てるだけで趣味の1つ程度ですし。ただやはり分かりやすさは重視します。やれハードヘッジだとかトラップだとかウィークサイドだとかそんな言葉は敢えて使わなくても表現の仕方はいくらでもありますしね。これは仕事等でも同様でどれだけ簡易的・効率よく教えられるか?ってのに繋がるんだと思います。

おっと脱線してしまいました…で、あの結果ですが、とことんポジティブに捉えるならPOでなくて良かったですし、むしろ弱点を見つける事が出来ました。修正する時間はまだありますし本番はPOですからね!。金曜のリベンジに向けて応援です!。

引き続きこちらも宜しくお願いします、難しいトークは抜きにしてとことん楽しみましょ!。

Yukikoさんへ

あの同点劇、更にはあの3Pt、そりゃ冷静になれと言われても無理ってモンですよ。こうやって再度文章化された記事を読むとあのシーンどんな出来事があったのか?と再確認出来ますしね。いやしかしそれでもあの終盤は有り得ない…ドラマッチック過ぎるだろー!。

指摘した最後のタイムアウトのシーン、記事を書くにあたっていくつかチェックした結果試合後のインタビューを見ました。そこでドノバンHCはKD&ウェストブルックに「一応タイムアウト残ってるからな」と伝えてあったそうです。

しかし結果はご覧の通り。ドノバンHCはもっと強調すべきだったと言ってましたね。ただMaybeという言葉を連発してたのはう~んと思ってしまいました。自らの予想としてはきっと最悪のパターンを想定した上で無理に取らない、きっとファールを貰えるから若干の余裕を持っておく選択をしたのかな?と。

ただこれは記事でも書いた様に全て結果論、勝っていれば…と思わずにはいられません。今季NBA1年目の新米HCにとって良い経験になったのでは無いでしょうか。

そして選手の起用法、これも微妙でしたね、コリソン&ペイン&モローに至ってはDNP-CDでしたし。特にKDにPGを任せるシーンはペインを使っても良いんじゃない?と思いました。折角シーズン半ばからPT貰って良い経験を積んでるのに。(カリー相手ではタフ過ぎると思ったのでしょうか)シングラーはある意味可哀想な立場かもしれません。

早速アウェー4連戦始まりましたね、もう今日の結果は確認済みでしょう、次のGSW戦もこの勢いに乗って逆リベンジを!。

こちらには初めてコメントします

はじめまして
こちらのサイトはいつもROMってばかりですが、ひょっとして今回の観戦日記は「NBAちゃんぷる~」のtkさんですか?

もしそうでしたら私は何度かコメントさせていただいたことがある者です。お久しぶりです。

私もいつかはサンダーナイトに参加してみたいと思っています!

まーしーへ

如何でしたでしょうか、いやしかし感動されても困りますがなw詳細まで書くと延々と続いてしまうのでだいぶ簡素化した次第です。

ではガチ質問にお答えします、といっても持論ですからね、そこらへんはご理解を。

まずカリーではなく基本的なP&R・2メンゲームに対するOKCの守り方、このGSW戦でも何度もあった通りたった1回のスクリーンでスイッチしてしまう

その後マッチアップはそのまま、結果ミスマッチが継続してしまう。結果相手の3の確率が上がってしまいます。相手の思惑通り。

このP&Rの守りというのはチームの決め事、つまり「チームディフェンス」が出来ていないからです。例えばLBJ時代のMIAやティボドー時代のCHIなどはどんなにP&Rされてもその後しっかり修正され再度マッチアップが戻ります。

これは凄く微妙なやりとりでキャンプや練習で徹底的にやります、ただOKCで現在それが出来ているか?というと…敢えて言うまでもありませんよね。まずこのチームディフェンスをやらない限り①②③どれで守っても同じ結果になってしまいます。現状OKCのP&Rの対処は最低レベルです。

そしてカリーを抑えるのは勿論簡単な事ではありません、ただ一昨日の試合の様に③スイッチが一番ダメ、どうせ打たれるならファイトオーバーないしダブルチームして「他の選手に打たれる」方が心理的にもダメージが小さいです。

そのつど試合の流れによって守り方は変わりますが、ディフェンスの良いと言われる各チームの守りはやはりスイッチしてそのままというのはありませんよね。GSWやSASはそこからダブルチームしてペリメーター付近からのヘルプ(グリーン・レナード等)を仕掛けたりしますし。

AS明けてからディフェンスがこの様に崩壊気味な理由が1つあります、それはご教授頂いた通りモンティ・ウィリアムスACの一時離脱が大きいからです。NOP時代ディフェンスをメインにした指導が評価されており、OKCでもその役割を期待され今季から加わりました。現在まだ現場復帰は叶いませんが今後必ず戻ってくれるはずです!、このディフェンスをしっかり調整してもらいたいです。

と長々とコメント欄から書きましたが非常に説明しづらい!、今度紙にでも書いてプチ講義でもしましょうw

まっちゃんへ

TN14本当にお疲れ様でした、その一言しか言えない位濃い~内容でしたよね。2日酔いは大丈夫ですか?!?!。

試合開始から~前半までの流れ、そしてあの4Q最後、そりゃ99%勝ちを想定しちゃいますよ。しかしイグダラのあのファールに気付かずハイタッチとはwwあのファールもすんごい微妙な判定でしたしその後のFT2本成功→イグダラshrugポーズは正しく天国から地獄ですよ…いやマジでリアルタイム観戦してて「これTN大丈夫?」って思いましたもん。

ただ皆さんへのコメントでも書いた通りこれはレギュラーシーズンの1試合、仮にPO第7戦とかファイナルでは無いですし次につながりますよ!、あのGSWをこれだけ追い詰めたのは凄いですから。

同業者・誰もがNo.1と自負しながらプレーするNBA選手ですらこういった賞賛コメントをする位今のカリーは凄いです。足首の負担があり金曜のOKC戦微妙?なんてのがニュースにありましたがガチ勝負してもらいたいっすね。そしてOKCの逆リベンジを!。

Akoちゃんへ

WoW!おじさんの事覚えてるかな?今回あこちゃんも参加出来なかったのかぁ、自分も家でこじんまりとハードディフェンス(?)に負けず見てたんですよ。

凄い1試合でしたよね、結構多くの試合を見てきたつもりですがこういった終わり方は中々ありませんでした、だからこそやられた側はダメージが大きいんですよね。ならばすぐに訪れるGSW戦はリベンジあるのみ!、これだけやれるチームは中々居ませんし。

あ、あこちゃんには教えておくけどNBA博士ってのは皆が勝手に言ってるだけだからね!、本当は皆さん同様一緒にNBAを楽しむファンですから。だから変な色眼鏡で見ないで平等に接して貰えれば有り難いです。

記事の最後に追記したこういったおまけを載せるとちょっとしたネタになるので面白いんですよ、あこちゃんもネット上でNBA関連のサイト、OKCだけでなく色んなチームの情報を見たりすれば更に楽しく見れるかもしれません。英語の勉強にももってこい?ですし。とにかく1試合1試合を楽しんでみるのが良いんじゃないかなと思います。

タイムアウトかぁ!

tkさん、おざっす。あざっす。
このたびはあみの代わりに執筆を引き受けて下さり本当に感謝しております。
tkさんが引き受けてくれなかったら昨日仕事から帰ってふらふらと試合を見返し、ブログを書く羽目になっていたんだよなあ・・・。恐ろしい。
今回はもやもやしていたものもたくさんあったので冷静に分析してくれた助かりました。たぶんこのブログにきてくれたサンダーファン全員そうだと思います。
私が頑張ったところでtkさんのようなハイクォリティな記事は逆立ちしても到底書けないし、もやもやしたままもやもやした記事をあげるだけだったでしょうからtkさんに書いてもらって本当に良かった!
久しぶりにtkさんの記事読みましたが、ずいぶん優しい風に書いてくれましたね?驚きましたー。ちゃんと私たちのブログのテイストというか、カラーに合わせて書いてくれたんですね。
読みやすかったです。それでいて、「NBAブログってこれが本当だよね!」ってつい叫んじゃうようなクォリティー。素晴らしいです。
さっきキングス戦の記事あげましたが、tkさんの後だからなんか引っ張られちゃって上手く書けませんでしたよ・・・。
戦術的なことなんかわからないくせに上手く書こうとしすぎました。
次回からは軌道修正して私らしく、頑張って参ります。

このたびはお忙しい中、本当にありがとうございました!
またいつか、二年後でも三年後でもいいので、ぜひお願いしたいです!!

skyboxさんへ

skyboxさん何年ぶりでしょうか、おっしゃる通りです、その元ブログのその元管理人です。まさかここに現れるとは思ってもいなかったでしょうか。その節はお世話になりました、「やっぱり92-93のレギュラーカード、94-95のEmotionがskyboxシリーズでは最高でしたね」なんて会話をした記憶がありますw

もう閉鎖して3年くらい経つでしょうか、その後はかなり試合を見る時間が減少しましたが未だにNBAへの愛は変わりません。今ではこうやって他人のふんどしで相撲を取る位しか出来ませんが。まぁ良くも悪くも変わらずって事でw

関東地域にお住まいであればTNに!、自分もそこそこの確率で参加してますので是非。

いやー懐かしいです♪

まさかこんな形で再会?するとは(笑)
その節はお世話になりました!

もう3年になりますかー
何かもっと昔のような気がします(笑)

私は昨年初めてアメリカに旅行し、「生カリー」を見たのですが彼は本当に別格でした。
プレーもオーラも本当に別格です。

私はウォリアーズもサンダーも両方大好きなチームなので、是非カンファレンスファイナルでも対戦して欲しいです♪

関東在住ではありませんが、東京には毎年行くのでタイミングあえば是非参加したいと思っています(*´∀`)

あみさんへ

あ、この回はあみさんだったのね、そりゃこの結果で再度観戦→執筆って罰ゲームレベルですよw少なからずお役に立てて良かったです。

皆さんがおっしゃってる分析とか解説なんて特にしてませんよ、記事を書くにあたりしっかりと試合を見る、そして色んなサイトからのこの試合についての詳細を出来る限り拾ってきたらこうなった、ってレベルです。3時間くらいで書き終えましたが久しぶりだったんでだいぶ錆び付いてました(^^)意図的にやんわりと書いたなんて事はありませんってばw

ブログって個人の自由に書いて良いんだと思います、誰かの真似とかありきたりなニュースっぽいのではなくもっと変則的かつオリジナリティがあった方が魅力があって良いじゃないですか!。だからね今のまま、しゅうさん&あみさんらしい記事こそ皆が求めてるんじゃないかな、勿論自分もそのうちの一人ですよ。

今後もここぞ!という時にお声をかけて頂ければ、いやぁでも上手く行って良かったとホッとしてます。

再度skyboxさんへ

ですよねぇ、色々思い出したら3年くらいだったんですが何かもっと昔の話の様に思えてきました。TNでも多くの方にお世話になっていますが当時の事を知る方は余りおらず「何だこのおっさんは」と思われる事の方が多いですww

現地観戦羨ましいです!自分は未だにその夢叶わずで、年末ORLに行けるチャンスがあったんですが中々休みが貰えないっすねぇ…生カリー良いなぁ…

繰り返しですがTNのタイミングが噛み合えば是非参加されてみて下さい、おっとこちらは自分のブログでもなく管理人でも無いので大袈裟な事は言えませんが。きっとこのコメントもチェックされてるはずなので。
プロフィール

しゅうとあみ

Author:しゅうとあみ
2009-2010からNBA League Passでオクラホマシティ サンダーを観戦・応援しています。英語は微妙ですが、全試合かかさず観戦しています。そんなしゅうとあみによる、サンダー愛剥き出しの観戦日記です。
ブログに関するご意見、お問い合わせは
okcthunder.blog.japan@gmail.com
までお気軽にどうぞ!

このブログについて
オクラホマシティサンダー応援ブログにようこそ! 主にサンダーの試合について記録しています。 当ブログはリンクフリーです。また、バスケットボール関係の相互リンク大歓迎ですので、お気軽にコメントにその旨ご記入ください。 その他、ご意見・ご感想いただけたら励みになります。
最新記事
最新コメント
訪問人数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
観戦会について
定期的に観戦会(サンダーナイト)を開催しております。 どちらさまもお気軽にご参加下さい。
【過去の観戦会】
13.4.28サンダーナイト1
13.5.12サンダーナイト2
13.11.2サンダーナイト3
13.11.30チャットでサンダーナイト
14.1.26サンダーナイト4
14.3.1サンダーナイト5
14.4.27サンダーナイト6
14.5.10サンダーナイト7
14.6.1サンダーナイト8
14.11.2サンダーナイト9
15.1.17サンダーナイト10
15.3.21サンダーナイト11
15.10.31サンダーナイト12
16.1.16サンダーナイト13
16.2.28サンダーナイト14
16.3.27サンダーナイト15
16.4.24サンダーナイト16
16.5.3サンダーナイト17
16.5.29サンダーナイト18
16.10.29サンダーナイト19
17.1.8サンダーナイト20
17.3.19サンダーナイト21
17.4.22サンダーナイト22
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
バスケットボールランキング
ポチッとご協力お願いします♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。