KD移籍について思うこと【あみ編】

spurs1_KDレイアップ_MW1_120527[1]


KDのニュースから2日経ちました。
たくさんのファンの方がたくさんの思いを吐き出している中、ほぼ沈黙状態だったあみです。
いざKDがいなくなってしまうといろいろな気持ちが混じり合って、何を発言してよいのか、自分の気持ちはどうなのか、なんだか混乱してしまい沈黙するしかない状態だったのです。
イバカが移籍したときに大騒ぎしていたサンダー仲間たちか、今回は全然LINEが来なかったところをみるとみんな同じ思いなのかなって感じていました。
ぽっかり穴があいて何が何だかよくわからない気持ち・・・。

ただ私が他のサンダーファンよりもちょっと冷静でいられたのは(冷静でした)、この日を1年前から覚悟していたからでしょう。


私が覚悟していたのはプレスティによるKDのトレードでした。
毎度毎度プレスティは契約が切れる前、その選手に価値があるうちにトレードをしてきました。
その手腕はたくさんの方が褒めてましたが、私はいつもそれが怖くて仕方ありませんでした。

特に2011年にジェフ・グリーンとネイナド・クリスティッチという2人のスタメンをオールスター中にトレードした時のショックはトラウマになっています。

ネイナド対ラブちゃん20131009
あみの推しメンのネイナド。決死のブロック!

オールスターだー!祭りだー!って浮かれて終わったらいきなりスタメン2人いねーんだ。。

その前のシーズンでプレーオフに進出し、王者レイカーズ相手にいい勝負をし、このメンツで今年はもっと上にあがってやる!!と希望しかない時期にこの仕打ち・・・。
それまでは選手のプライベート動画とか、Twitterとか、発言、ベンチでの様子など漁るように探して
「グリーンとハーデンは音楽が好きなんだー」
「KDダンス下手(笑)」
などと選手について少しでもたくさんの情報を得ようとしていましたが、2011年のトレードがあってからはぴったりとやめ、コート上のみ応援するようになりました。
選手に愛着を持てば持つほど、ショックは大きいからです。

1

2011年に「私はチームを応援する」と決めてから(決めるまですごく悩みました)なるべく選手は駒だと考えるようにしようとしましたが、それでもやっぱりハーデン、レジー、イバカとルーキーから見ていた選手がいなくなるのは本当に寂しかったし、ナジー、アイビーが戻ってきたのは心底嬉しかったし、サンダーにいた選手の何人かは私にとって特別となりました。

アイビー&ナジー
二人が戻ってきたの、本当に嬉しかった!!

今までのプレスティのやり方からするともしかしたらオールスターあたりでKDを手放すのではないか。特にウォリアーズが強すぎて群を抜いていたので優勝はもう諦めるのではないかとおびえながら見ていました。
今考えると諦めるトレードは今まで一度もしたことなかったですね。プレスティは。
だからKD以上の選手を持ってくるトレードはなかなかないわけで、ちょっと考えればわかったのですがとにかく日々おびえていました。
あとはショックを受けないように「OKCが契約を望まない」「KDが契約を望まない」パターンもイメトレしていました。
これを1年間続けていたので、いざ移籍の発表があった時も冷静に受け止めることができました。
少し泣いたけど。


KD-MVP.jpg
オールスターでMVPをとった若かれしKD.細いねー

新天地にウォリアーズを選んだKD.
もちろんサンダーも、わたしたちファンも、KD残留を熱望していました。
これを断って移籍するのは大変な勇気がいったことでしょう。
しかも同じ西カンファレンスで、昨季73勝を成し遂げた強豪ウォリアーズ。
批判も容易に予想できます。
色眼鏡もあるかもしれませんが、私、このKDの選択はちょっと意外だったんですよね。

このままサンダーにいれば、エースとしてチームの中心にいれるし、チームメイトともスタッフとも気心の知れた居心地の良い環境で、最悪優勝できなくても選手でいる間はずっとファンに愛されて。
サンダーを優勝に導いた暁には、それはもうとてつもない達成感と喜びが待っているでしょう。
ずっといれば最終的には当然永久欠番になって・・・そんな未来が想像できるのに。
残り約10年の選手人生をどうなるか分からない方に持っていった。
・・・しかもウォリアーズ。
もし優勝できなかったらそれこそ何を言われるか・・・下手したら自分のせいだとも言われ兼ねない道を選んだ。
KDを今まで見てきて彼は「不良に憧れつつも結局は周囲の期待に応えちゃう」「冒険したいけどいつも堅実な道を選んじゃう」タイプだと勝手に思っていたので(どうですかね?KDファンのみなさん?)、今回の選択には驚きました。

彼のことだからいろんなことに気を遣って、いろんな人に相談して決めたことなのでしょう。(そうであってほしい)
もちろんコリソン先輩が来季でラストなのも考慮してくれたはず。(したよね?!)
現役生え抜き10年以上やっている選手でリングを持っていないのがコリソン先輩だけだから、来季は絶対コリソン先輩にリングを渡さなきゃいけないのに!!!KDが抜けちゃうとサンダーにとって優勝が遠のくのも承知で今回の移籍を決めたはず。

コリソンテイクチャージ0326
リングなしで引退か・・・


それくらいの覚悟を持って決めたならもう仕方ない。

彼の挑戦がどう転ぶか、見届けてやろう。と上から目線で私も覚悟を決めたのでした。
私は基本サンダーの試合しか見ないので今後KDの姿を見ることができるのはシーズンに3~4回だけど、ちゃんと横目で追っかけているからね。
2年後にどんな選手になり、そのときどんな決断を下すのかも見守ってるからね。
ウォリアーズのファンに愛されるように、素行は今まで通り誠実にね。
ターンオーバーに気を付けてプレイしてね。
怪我にも気を付けて。向こうはオクラホマと違って都会だから車の運転にくれぐれも注意してね。


私は2009年からサンダーを追いかけ始めましたが、最初の何年かで弱小チームのサクセスストーリー的な感動と喜びにすっかりハマってしまいました。
KDの怪我中にジェフ・グリーンが奮起してもぎとったセルツからの一勝。その試合ではグリーンのフリースローを見ることができず顔を背けていたKD.
GAME6でレイカーズに負けて敗退したプレーオフ。KDはコートにしゃがんだまま、しばらく立つことができずその姿を見て涙しました。
そのわずか2年後にファイナルまで連れて行ってくれるとは思いもしませんでした。
スパーズに勝ってファイナル進出を決めた時のあの瞬間を私は忘れられません。死ぬほど感動しました。

ラッセル、イバカ、KD

トロフィーを掲げるKDと見上げるクック

KDがオクラホマにもたらした感動と興奮と経済効果は特別なものでした。
サンダーの存在が、KDの存在がオクラホマにとってどんなに大きかったか・・・一度訪れた人間ならわかるはずです。
小学校の教室にもKDの等身大の看板があるくらい、地域にとって身近で憧れの対象でそして支えでした。

KDどや顔20140321

現地と比べたら申し訳ないのかもしれないけれど、KDが私に与えてくれた感動と興奮もすごく大きくて、一番感謝しているのはKDのおかげでたくさんの友人と出会えたこと。
KDが繋いでくれた出会いは私にとってかけがえのないものとなりました。
KDがくれたものが大きすぎて私は彼に批判は一切言えません。
言いたいのはだた「ありがとう」だけ。

今後は道が分かれてしまってそれはすごく残念なことだけど、共に優勝を目指した時間は忘れません。
本当にありがとうございました!!!!
KDに幸あれ!!!



さ、これからはラッセルと離れる心の準備始めるよ…
一つのチームのファンでいるってこれの繰り返しなのか・・・ちょっと辛くなってきた。

握手アップKDラッセル_121207[1]

話は変わりますが、今週末は毎年恒例の「サンダーナイトファミリー慰安旅行」です!
3回目となる今年はみんなで千葉にお出かけ^^(千葉在住の方、見かけたら声かけてくださいね!)
なんと今までで最大規模の21名が参加です。

海で思いっきり叫んできます!!!
夜の宴会がどうなるか(笑)、またブログでお知らせしますね。
ちなみに21人のうち9人がKDファンです。9人の移籍情報もお楽しみに・・・。

【過去の慰安旅行記事】
2014年 慰安旅行
2015年 慰安旅行

コメント

非公開コメント

これから

お疲れ様です。
軽々にコメントしてはいけないかなと思ってしまうほどの愛ある記事、涙無しでは読めなかったえみです。

いつも予防線を張っていたよね。サンダーを後にした(せざるを得なかった)プレーヤーの話はよく聞いていたけれど…
KDが他に行くわけないじゃん!!
あり得ないよ!!
だって優勝のいちばん近くにいるのはサンダーだよ!!
と事あるごとにそんな話をしたと思うけど
「そうだよね」と一度も首を縦に振らなかったあみさん。
私はあみさんどう考えても心配しすぎだよとずっと思っていました。
まさかあみさんの張っていた予防線が役に立ってしまうようなこんな日が来るなんて…



二日が経って私の気持ちもだいぶ落ち着いてきたようです。
KDの下した決断には色んな思いがあってひと言では言い表せません。まぁ落ち着きはしたけれど消化不良状態というのが現状です。
これから時間の経過とともに変化したり自分の気持ちが見えてきたりするんだろうなあと思っています。
違うユニフォームのKDなんてハッキリ言ってみたくないし第一全然似合わないと思うんだなw
だけど理屈じゃなく好きになったそのプレーはやっぱりこの目で追い続けたいと思う。
物凄いアウェー感抱きながら観るのかな…
どんな感じなのかな…
わからない(´・_・`)


私が今年初めにこのブログをお手伝いさせてもらった時の内容覚えてますか?
KDが大好きだけどその仲間たちもまた同じように大好き(無駄に長い笑)というやつ。
開幕して自分がどんなテンションでサンダーの試合を観戦することになるのか…
これもやっぱり想像がつきません。
けれどKDがいなくなった新生サンダーを変わらずに応援している自分がいると思います。
うん、私のサンダー愛は健在です!!!
あみさんにKDファンはお断りよ!などと言われない限りは一緒に観戦しますから。だって私サンダーファンだし(^ ^)


そして最後にあみさん
くれぐれもサンダーvsウォリアーズなどというドSな観戦会だけは企画しないでね(^_^;)


週末とっても楽しみです!!
いっぱいお話しましょうね〜

あみさん、こんにちは。ウォリアーズファンのmitsです。数日前のブログには素直に喜べない複雑な気持ちと書きました。しかし数日経って少しだけ気持ちが変化してきました。あみさんが言われたようにオクラホマに残留すれば気心知れた仲間たちがいて、多くのファンが応援してくれ、KDにとってとても心地良い環境でしょう。でもあえてウォリアーズを選んだ。当然のことながら反響の大きさ、ほとんどが批判的な意見であることは予想していたでしょうし、今まで応援してくれたサンダーファン、いやサンダーファンだけでなくウォリアーズファン以外のほぼすべてのファンを敵にまわす事も予想していたはずです。それに彼がRS73勝のチームに加われば優勝が至上命題である事も分かっていたはずです。これで優勝を逃したら何を言われるか、、、かれの今後のキャリアに大きな影を落とすに違いありません。また最強チームに超一流のスタープレイヤーが加わったところで優勝出来る保証がないのは過去の歴史が証明していますよね。そういった様々な逆風とプレッシャーの中に身を置いて新たな挑戦する事が、彼の言う「選手として一人の男としての成長」なのではないのでしょうか。いや真相は彼のみぞ知る、ですが。

ウォリアーズとしてはこれ以上ない頼もしい選手が加わってくれました。しかしこれで優勝確実かと言うと、決してそんな事はありません。現に今年のファイナルで3勝1敗からウォリアーズが3連敗するなど誰が予想したでしょうか?この悔しさはどう表現したら良いでしょうか、、、

来シーズンはウォリアーズは最大の悪役でしょうし、KDもチェサピークではプレー出来ないかも知れません。それでも私はウォリアーズを応援しますし、タイトル奪還を熱望しています。来年はラスやカリーがFAになりますし、サンダーもウォリアーズもどうなっていくかわかりませんが、これからもあみさんには熱烈なサンダーファンであって欲しいし、私もニワカながらウォリアーズを応援し続けようと思っております。長文、駄文失礼しました。

二回目です

僕は 20年の ピストンズファンです


でも デュラントは

正直 東 easternに


行って欲しかったです


結構 ショックなんです

デュラント


正直 ないっす


行くなら 東だと


思ってました


すいません


僕は 選手 として

デュラントは

一番 sf と して

好きだったので



これからは 僕は

ずっと ピストンズ応援します



ギリギリじゃない デュラントは 応援しないっす すいません



ラスを 応援します

NBA

は つまらなくなったからも しれないっす


でも 僕は


ゴールデンステイト

f×ck

だし 今はっす




ずっと ラス


好きだったので



ラスを 応援します




これで ラスが


ゴールデンステイト




ぶっつぶすところ観たいんす



俺は 観たい



すいません


すいません

俺は

kdは


違うと思う


でも


頑張って


ゴールデンステイトで


二連覇 してほしい



しなきゃ だめ!



おれは 二連覇


観てるからな!



すいませんした



それ位 衝撃でしょ。



おれは 今は



okcは コリソン


応援します



でも NBA


を つまらなくしないでね


デュラント



ありがとう

みなさまへ

読んでいただきありがとうございました。
ブログで思いを吐き出したことで少しすっきりしました。
もしまだ悶々としている方がいらっしゃいましたらぜひブログのコメント欄で思いの丈を語っちゃってください。
いくぶんすっきりとするかもしれません。
すっきりしたといってもやっぱりすぐにはKDのいないサンダーについて考える気にもなれず・・・
しばらくはコリソンのラストイヤーに思いを馳せつつ、日常を過ごしてまいります。
ブログもゆるゆると続けてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

しゅうとあみ

Author:しゅうとあみ
2009-2010からNBA League Passでオクラホマシティ サンダーを観戦・応援しています。英語は微妙ですが、全試合かかさず観戦しています。そんなしゅうとあみによる、サンダー愛剥き出しの観戦日記です。
ブログに関するご意見、お問い合わせは
okcthunder.blog.japan@gmail.com
までお気軽にどうぞ!

このブログについて
オクラホマシティサンダー応援ブログにようこそ! 主にサンダーの試合について記録しています。 当ブログはリンクフリーです。また、バスケットボール関係の相互リンク大歓迎ですので、お気軽にコメントにその旨ご記入ください。 その他、ご意見・ご感想いただけたら励みになります。
最新記事
最新コメント
訪問人数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
観戦会について
定期的に観戦会(サンダーナイト)を開催しております。 どちらさまもお気軽にご参加下さい。
【過去の観戦会】
13.4.28サンダーナイト1
13.5.12サンダーナイト2
13.11.2サンダーナイト3
13.11.30チャットでサンダーナイト
14.1.26サンダーナイト4
14.3.1サンダーナイト5
14.4.27サンダーナイト6
14.5.10サンダーナイト7
14.6.1サンダーナイト8
14.11.2サンダーナイト9
15.1.17サンダーナイト10
15.3.21サンダーナイト11
15.10.31サンダーナイト12
16.1.16サンダーナイト13
16.2.28サンダーナイト14
16.3.27サンダーナイト15
16.4.24サンダーナイト16
16.5.3サンダーナイト17
16.5.29サンダーナイト18
16.10.29サンダーナイト19
17.1.8サンダーナイト20
17.3.19サンダーナイト21
17.4.22サンダーナイト22
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
バスケットボールランキング
ポチッとご協力お願いします♪
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR